119番通報の方法

3.移動電話(携帯電話、PHSなど)による通報


移動電話からの通報の場合、通報者自身が現在地が分からないことが多く、時間がかかりがちです。通報の前に住所表示や付近の目標などを確認しておきましょう。
ph1_03


○局番なしで「119」をダイヤルし、移動電話からの通報であることを伝えます。
○移動電話からの通報では、管轄外の消防につながる場合がありますが、住所や目標などをもとに受付員が管轄の消防へ電話を転送しますので、受付員の指示に従いましょう。転送時には時間がかかったり無音となる場合がありますが、電話を切らずに待ちます。
※転送できない場合は、かけ直しを依頼されることがあります。
○管轄外の消防につながった場合を考え、都道府県・市区町村名からの住所を伝えるようにしましょう。 ○通報している移動電話の電話番号を確認しておき、すぐに伝えられるようにしておきましょう。
○通報後しばらくの間は電話の電源を切らず、現場近くの安全な場所にいます。 ※さらに詳しい場所や状況などを確認するために、受付員から電話をかけ直すことがあります。
○移動電話は電波の状況によって通話が途切れる恐れがあります。なるべくご家庭の加入電話や公衆電話で通報しましょう。
○運転中の通報は危険である上、移動中のため通話が途切れる恐れもあります。安全な場所に駐車してから通報しましょう。


参考:総務省消防庁「防災・危機管理eーカレッジ」