仙台市 宮城野区若林消防署荒浜航空分署庁舎  

震災1か月後(2011.4)

仙台市

救急自動車や消防車が積み上げられ、庁舎施設の窓ガラスが割られている様子がうかがえる。

震災1年半経過(2012.10)

仙台市

庁舎周囲は大部分は片づけられたものの、一部片づけられていないゴミが残っていた。約1年半後の調査現在、庁舎は壊れたまま、使われていなかった。

震災2年半経過(2013.9)

仙台市

すでに建物はほとんど撤去されており、元の施設の面影がなくなっていた。

震災3年半経過(2014.10)

仙台市

建物撤去工事が終わったままで何もない状態である。あちこち周囲では、かさ上げ工事を進めている様子が見える。

震災4年半経過(2015.9)

仙台市

撮影当日は、チリ中部沖で発生した地震による津波警報の発令で、荒浜航空分署庁舎のあった場所は立ち入り禁止区域となっており、入れなかった。このため、周辺の状況はあまりわからなかったが、昨年とほとんど変わっておらず、復興が進んでいなかったようだ。

戻る

仙台市

【仙台市の復興状況】庁舎入口(2012)

仙台市

【仙台市の復興状況】ヘリポート(2012)

仙台市

庁舎正面(2013)

仙台市

庁舎前ロータリー(2013)

仙台市

庁舎周辺で行われている かさ上げ工事の山(2014.10)

仙台市

庁舎内の建物(2014.10)

仙台市

被災した仙台市消防局消防ヘリポート(2015.9)

仙台市

被害に遭った中野小学校跡に建てられた慰霊の塔(2015.9)

進む