南三陸町 南三陸町防災対策庁舎

震災1か月後(2011.4)

南三陸町

ガレキはほとんど片づけられておらず、町内の被災箇所はガレキの山と化していた。

震災1年半経過(2012.10)

南三陸町

庁舎とその周辺のガレキはほぼ片づけられたものの、周囲は、庁舎と同様骨組みだけの建物が点在していた。 庁舎前には慰霊の壇が設けられていた。

震災2年半経過(2013.9)

南三陸町

解体が決まった防災対策庁舎だが、まだ解体されてはいなかった。祭壇にはひっきりなしに人が訪れて、花を捧げていた。

震災3年半経過(2014.10)

南三陸町

当初、解体されるとされていたが、その後遺構として残すか残さないかで結論が出ていなかった。 現在のところは、宮城県が2031年まで県有化して管理することを検討しているとのことだ。

震災4年半経過(2015.9)

南三陸町

県有の遺構として残されることになった防災対策庁舎―周辺はかさ上げ工事が行われ、あたり一帯立ち入り禁止区域となっていた。

戻る

南三陸町

【南三陸町周辺の写真】元の南三陸町役場周辺(2012)

南三陸町

【南三陸町周辺の写真】南三陸町役場仮庁舎(2012)

南三陸町

BRT歌津駅(2013)

南三陸町

廃墟となった志津川駅構内(2013)

南三陸町

南三陸さんさん商店街

南三陸町

南三陸町役場前に高台移転のための 宅地造成工事が行われていた。(2014.10)

南三陸町

BRT南三陸ベイサイドアリーナ(2014.10)

南三陸町

志津川漁港近くのかさ上げ工事(南三陸町志津川地区・2015.9)

南三陸町

南三陸町役場隣の高台に建設中の南三陸病院・総合ケアセンター南三陸。(平成27年12月14日に開業)(南三陸町志津川地区・2015.9)

南三陸町

南三陸ベイサイドアリーナ隣に気仙沼・元吉広域行政事務組合消防本部の消防職員を慰霊するため建立された東日本大震災殉職者慰霊碑。(南三陸町志津川地区・2015.9)

進む