大槌町 大槌町中央公民館駐車場から見た大槌町の景色

震災1か月後(2011.4)

大槌町

街全体が被災し、荒涼とした光景が残されており、ガレキが散乱するなど、目を覆うばかりだった。

震災1年半経過(2012.10)

大槌町

全体的に見て、ガレキなどは片づけられたものの、残った建物はまだ撤去されてないものが多かった。

震災2年半経過(2013.9)

大槌町

町全体が荒野と化したままで、ほとんど復興のめどが立っていないように見えた。 一方で、大槌港周辺は作業用車両がひっきりなしに出入りしており、復旧作業が進んでいた。

震災3年半経過(2014.10)

大槌町

ようやく鉄道跡に道路が敷設されるなど、多くの場所で作業用車両が走るようになり、 少しずつ復興に向けて進んできた。

震災4年半経過(2015.9)

大槌町

被災した大槌町の街は、復興工事が進み、旧施設などの確認が困難なほどに激変していた。   

戻る

大槌町

【大槌町周辺の写真】大槌町役場前周辺(2012)

大槌町

【大槌町周辺の写真】移転した大槌町役場庁舎(2012)

大槌町

大槌町中央公民館に建てられた モニュメント「3・11大槌希望の灯り」 阪神大震災の復興シンボル となっている神戸市のガス灯 「1・17希望の灯り」の火から分けられた。(2013)

大槌町

整地されたままの大槌消防署跡(2013)

大槌町

旧大槌町役場(2014.10)

大槌町

大槌町役場正面に建てられた慰霊施設(2014.10)

大槌町

旧大槌駅周辺で行われていた復興工事(2015.9)

大槌町

旧町役場近くに建てられたホテル(2015.9)

進む