塩釜市 塩竈市魚市場  

震災1か月後(2011.4)

塩釜市

市場の場内のガレキは片づけられたものの、周囲の地面のアスファルトは崩れ、 あちこちにガレキの山がうず高く積まれていた。

震災1年半経過(2012.10)

塩釜市

被災して使われなくなった市場の建物は、まだそのまま残っていたが、周囲では徐々に復旧のための工事が 進められていた。

震災2年半経過(2013.9)

塩釜市

市場の建物はすっかり壊され、解体・撤去されており、岸壁復旧のための工事が進んでいた。

震災3年半経過(2014.10)

塩釜市

魚市場の一部は早々に復旧し市場として使われているものの、被害が大きかった海に面した港の岸壁の復旧作業が遅れていた。

震災4年半経過(2015.9)

塩釜市

新しい塩竃市魚市場は現在2017年秋完成に向けて工事中だった。一部の建物はすでに完成していた。

戻る

塩釜市

仙台塩竈港前の通り(2012)

塩釜市

塩釜漁港に係留中の船舶(2013)

塩釜市

仙台塩釜港前に建てられた 「津波到達の地」(中央手前)と 「復興の鐘」(中央後ろの銀のオブジェ)(2013)

塩釜市

塩釜湾奥の津波高を示すモニュメント(2014.10)

塩釜市

復旧した本塩釜駅(2014.10)

塩釜市

復旧した塩釜港魚市場の荷捌き所B棟(2015.9)

塩釜市

塩釜港の周囲に建設された防潮堤。右手はショッピングセンター(2015.9)

進む