世相をあらわす地震鯰絵

世相をあらわす地震鯰絵






1:「地震出火後日角力」の話

cat01s


2:「大鯰後の生酔」の話

cat02s


3:「太平安心之為」の話

cat03s


4:「地震、雷、火事、親父」の話

cat04s


5:吉例「暫(しばらく)」の話

cat05s


6:「地しんどう化大津ゑぶし」

cat06s


7:「雨には困り□(ます)野じゅくしばらくのそとね」

cat07s


8:「鹿島太神宮と要石と大鯰」

cat08s


9:「世ハ安政民之賑(にぎわい)」

cat09s


10:「鯰退治」の話

cat10s


11:「臆病地震鯰親子」の話

cat11s


12:「生捕られた三匹の鯰」の話

cat12s


13:「地震鯰筆をふるう」話

cat13s


14:「吉原に繰込んだ職人」の話(1)

cat14s


15:「吉原に繰込んだ職人」の話(2)

cat15s


16:「地震鯰と世直し」の話

cat16s


17:「百万遍(ひゃくまんべん)と地震」の話

cat17s


18:「大鯰江戸の賑い」の話

cat18s


19:「世直し鯰絵」の話

cat19s


国公立所蔵資料刊行会編集
誠文図書株式会社発行
安政大地震鯰繪より