11月の問題の答えと当選者を発表します。

2022/01/13

「11月の問題」

 

さて、みなさんは歌川広重(うたがわひろしげ)をごぞんじですか?

歌川広重は、「東海道五十三次」(とうかいどうごじゅうさんつぎ)、「富嶽三十六景」(ふがくさんじゅうろっけい)を描いた江戸時代の浮世絵師(うきよえし)で、浮世絵という手法の風景画の作品を数々残しています。

一方で、父の職業である定火消(じょうびけし)を引きつぎ、27歳で引退するまで火消の仕事をしており、引退後に絵師になった後も火事を題材とした作品を数多く手がけています。

今月は、この歌川広重が描いた下の画(え)の問題です。この写真の中の赤丸で囲んだ火消道具の名前は、(1)~(3)のうち、どれでしょうか?

ヒントは、 消防の世界 > 江戸~明治の火事・火消しを描いた絵  にあります。

 

(1)鳶口(とびくち)

(2)纏(まとい)

(3)竜吐水(りゅうどすい)

 

 

正解は … (3)でした。

 

 

 竜吐水(りゅうどすい)は腕用の木製ポンプで、放水距離は15,6mという貧弱なもので、直接水をかけるのではなく、燃えていない屋根にかけるなどして延焼を抑えるのに使われていました。(1)の鳶口(とびくち)は、火事場で天井や屋根を破壊するのに使用されました。(2)の纏(まとい)は、火消組の目印となる火消道具です。

 

11月の当選者発表

岡山県:那須佑亮さん、神奈川県:志村由香さん、大阪府:ケンちゃんさん

大分県:ふじゃれさん、広島県:かぎしっぽさん、香川県:中村勉さん

埼玉県:市瀬倫子さん、広島県:dorothy211さん、大阪府:ホワイトローズさん

北海道:のんちゃんさん