津波の記録・取組紹介コーナー

津波にまつわる日本各地の記録や取組を紹介します。

千葉県 供養碑

地域 千葉県
所在地 千葉県鴨川市前原
場所 日枝神社
名称 供養碑
地震名・発生年 元禄地震(1703)

日枝神社は、慶長地震の大津波を教訓として、住民が築いた津波避難丘の上に建てられています。ここには、元禄地震の犠牲者の供養碑が残されています。元禄地震では、この丘の上に逃げ込んだとの言い伝えがあります。
【出典:防災誌(千葉県)】
現地に行ってみましたが、具体的にはっきりわからないものも多くありましたが、その中の一つ(写真右)には、「元禄16年11月23日」と明記されており、供養碑の一つと思われるので、写真左の場所の碑が供養碑と思われます。


周辺写真

津波避難丘。手前の電柱に海抜3.8mと書かれています。
前原下町集会所