安否情報の確認

1.災害発生に備えて

大地震等の大規模災害時には、交通機関や通信網が機能せず、家族の安否の確認が困難となることが予想されます。このような場合に備えて、あらかじめどのように安否確認を行うかを家族間で話し合い、下記の事項について取り決めておく必要があります。

・自宅や勤務先周辺の緊急避難場所を把握しておき、被災時に落ち合う場所を定めておく。

・家族全員が利用できる安否確認方法を把握しておく。

安否確認方法については、従来は避難所における安否確認掲示板や、ラジオ、テレビ、新聞等の報道機関を通じた情報提供が主なものでしたが、近年ではこの他にも下記のような新しいサービスがいくつか提供されています。

・電話を利用した伝言サービス

・インターネットを利用した伝言板サービス

・地方公共団体等が管理・提供する安否情報システム

電話を利用したサービスとしては、NTTの災害用伝言ダイヤル「171」や、スマートフォン・携帯電話用の災害用伝言板サービスなどがあります。インターネットを利用したものでは、NTTの災害用ブロードバンド伝言板(web171)などがあります。また、最近では地方公共団体が運営する安否情報システムもあり、内容は各団体によって異なりますが、地域に密着した安否情報提供の場となることが期待できます。