自主防災組織の結成方法

2.自主防災組織の必要性


大規模な災害が発生した場合、消防署などの防災機関だけでは、充分な対応ができない可能性があります。このような時、住民が協力して、地域ぐるみで取り組むことが重要になります。
阪神・淡路大震災では、救出された人たちの多くが、近所の方々により救出されたという報告があり、自主的な住民組織の有効性が改めて認識されています。
hyou
図 阪神・淡路大震災における生き埋めや閉じこめられた際の救助状況
(出典)日本火災学会:1995年兵庫県南部地震における火災に関する調査報告書