釜石市 市役所正面の通りから見た周辺の風景  

震災1か月後(2011.4)

釜石市

釜石市役所から大渡橋に至る市内一帯が大きな被害を受けた。市役所自体は高台にあったものの、 地下の電源設備が浸かって、使用できなくなったとのことである。

震災1年半経過(2012.10)

釜石市

ガレキは片づけられ、新しい建物ができつつあるなど、復興が進んでいるようだ。

震災2年半経過(2013.9)

釜石市

市内はほぼ整備されてきたが、仮設住宅が点在するなどまだまだ復興したとは言えない部分がある。

震災3年半経過(2014.10)

釜石市

市内はほぼ整備されてきたが、仮設住宅が点在するなどまだまだ復興したとは言えない部分がある。

震災4年半経過(2015.9)

釜石市

市内中心部は、新たに復興住宅が建設されるなど、復興が進んでいた。

戻る

釜石市

釜石港に係留されている船舶(2012)

釜石市

市内の仮設商店街(2013)

釜石市

解体工事中の鵜住居小学校(2013)

釜石市

釜石市内(2014.10)

釜石市

復興した青葉通り(左手に虎舞の像)(2014.10)

釜石市

廃墟となっている鵜住居駅(2014.10)

釜石市

市役所近くに建設中の復興住宅(釜石市大町地区・2015.9)

釜石市

中心部の高台にあって被災を免れた石応寺に建てられた慰霊碑(釜石市大只越地区・2015.9)

釜石市

唐丹地区に新たに建てられた津波記憶石。明治と昭和三陸津波、平成の慰霊碑が建てられている。(釜石市唐丹地区・2015.9)

進む