防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

懸賞コーナー「正解&当選者」(7月)

<< 問 題 >>
 先月6月18日、大阪府北部を震源とする地震が発生し、大阪市(北区)、高槻市、茨木市、箕面市、枚方市では、震度6弱を観測しました。
 この地震により、大きな被害が発生しており、各地で復興に向けた活動が行われております。
さて、この地震の大きさは、マグニチュード6.1と発表されています。マグニチュードとは、震源域の大きさを表す数値で、地震の規模と呼ばれることもあります。
 この数値が大きい程、地震の規模は大きくなり、マグニチュードが0.2大きくなると地震のエネルギーは約2倍、1大きくなると約32倍にもなります。
今月はこのマグニチュードについての問題です。
 それでは、マグニチュードが2大きくなると、地震のエネルギーはおよそどれくらい違うのでしょうか?  正しいものを下の(1)〜(3)から選んでください。

※ここでいうマグニチュードは、気象庁が定める地震のエネルギー量を表す指標値を指します。



ヒント:「調べる」>「基礎知識」>「地震災害の基礎知識」、または、「調べる」>「消防防災用語解説」にあります。




(1) 

 約64倍

(2) 

 約500倍

(3) 

 約1000倍

正解は・・・(3)でした。

 
7月の当選者発表
ご当選おめでとうございます。
当選者へのご連絡は、商品の発送をもって代えさせて頂きます。
楽しみに お待ち下さい。

青森県 : さなまま さん 千葉県 : ミーコさん 埼玉県 : 菊間恵子さん
東京都 : りんごまるさん 東京都 : 雁の巣王国さん
東京都 : ミスターアロマさん 神奈川県 : しじみ課長さん 京都府 : 古鞘衣江さん
北海道 : たたらさん 埼玉県 : R.M さん
: :