防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

懸賞コーナー「正解&当選者」(3月)

="クイズに答えてプレゼントをGETしよう!"

下のクイズにお答えいただいた正解者の中から
抽選で10名様にプレゼントを差し上げます。

プレゼントは『全国共通図書カード500円分』をお送りします。
締め切りは、平成30年3月26日です!!

厳正なる抽選の上、当選者は次月の当コーナーにて発表します。
申し込みはこのページの下の「応募する」ボタンから!
どなたでも参加できます。どしどしご応募ください!!
<< 問 題 >>
 東日本大震災から間もなく7年が過ぎようとしています。

 各地で復興工事が終了してきており、まち全体が変貌を遂げてきています。すでに、被災した当時の面影はなくなってきているところが多くなっています。

 先日、津波避難訓練の映像撮影で釜石市に行って市内を巡りましたが、震災当時とは大きく変わっているのを感じました。釜石市の仙寿院で実施された韋駄天競走は、震災から年月がたち薄れゆく記憶の中で、どう震災を伝えるかという視点に立って、「津波が来たら高台へ」を合言葉にいち早く逃げることを、韋駄天競走で年行事として行われている節分と合わせて毎年実施するというユニークな方法で語り継ぐというものでした。このように、東日本大震災をどう語り継ぐか、教訓を後世に残すかが課題となっています。


 さて、今回は東日本大震災における緊急消防援助隊について問題です。東日本大震災では、震災後多くの緊急消防援助隊が全国から被災地に駆けつけましたが、派遣された人数は最大時でどのくらいでしょうか。
 下の(1)〜(3)から選んでください。

ヒント:、「調べる」 ー「消防防災に関する情報通信」にあります。この機会にご覧になってはいかがでしょうか。




(1) およそ1,000人

(2) およそ3,000人

(3) およそ6,000人


正解は・・・(3)でした。

 
3月の当選者発表
ご当選おめでとうございます。
当選者へのご連絡は、商品の発送をもって代えさせて頂きます。
楽しみに お待ち下さい。

徳島県 : 那珂川 泰志 さん 香川県 : せとみかんさん 石川県 : たにこうさん
愛知県 : ごりすかさん 広島県 : 葉さん
兵庫県 : こぶとりおさん 千葉県 : あたふたさん 神奈川県 : tk3124さん
東京都 : 結城千裕さん 千葉県 : にんにん さん
: :