防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

防災e-ラーニング

概要・受講申し込み

市町村防災研修<e-ラーニングコース>実施要綱

1.目的

一般財団法人消防防災科学センター(以下「当センター」という。)が実施する市町村防災研修<e-ラーニングコース>(以下「防災e-ラーニング」という。)は、消防庁「防災・危機管理e-カレッジ」に登載されているコンテンツの系統的な学習を支援し、もって受講者における防災知識の一層の充実を図ることを目的とするものです。


2.受講者(受講資格)

防災e-ラーニングの受講者は次のとおりとし、個人単位で受け付けます。
※組織単位での受講も可能ですが、運用については別途相談させていただきます。
(1) 市町村職員
(2) 消防団員
(3) 消防職員
(4) 都道府県職員
(5) 一般住民等


3.学習コース・学習パッケージ・修了証

(1) 学習コース
防災e-ラーニングに、別紙1(PDF)のとおり21の学習コースを設けます。
(2) 学習パッケージ
受講者が効率よく学習できるよう、別紙2(PDF)のとおり6つの学習パッケージを設けます。受講者は学習パッケージを選択して、各学習コースを学習します。なお、受講者は同時に複数の学習パッケージの学習を行うことはできません。
(3) 修了証
各学習パッケージの学習が完了したことを確認した場合、当センターより別紙3(PDF)を見本とする修了証を学習した学習コース毎に受講者にメールで送付します。


4.学習の流れ

防災e-ラーニングの基本的な流れは、別紙4(PDF)のとおりです。学習期間は、申込みの時期に応じて2ヶ月から5ヶ月の範囲で当センターが指定します。


5.その他

ア 防災e-ラーニングの受講費用は無料とします。ただし、学習に必要なインターネット環境の整備に当たる部分は受講者の負担とします。
イ 受講申込みや問い合わせへの回答は数日かかる場合があります。
ウ その他防災e-ラーニングに関し必要な事項は、当センターにおいて定めます。



===> 受講申し込みフォームへ

※お申し込みに当たっては、以下にご留意ください。
○お申し込みフォームに入力する連絡先E-mailアドレスには、携帯電話のE-mailアドレスはお使いになれません。
○同時に複数の学習パッケージの学習はできません。1つの学習パッケージの学習が修了した段階(修了証が発行された段階)で次の学習パッケージをお申し込みください。



別紙1〜4をご覧になるには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは、こちらから無償でダウンロードできます。