日本の火山・日本の火山・世界の火山
防災訓練映像紹介
防災まちづくり
消防防災に関する情報通信
防災センター
消防防災GIS
基礎知識
報告書・記録集
消防専門知識の提供
防災専門知識の提供
教材資料コーナー
法令を探す
火災・事故防止に資する防災情報データベース
消防防災用語解説
防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

2. 消防防災に関する情報通信の役割と課題

2.3 課題とその解決のために

 消防救急無線や地域衛星通信ネットワークなどの消防防災に関する情報通信システムは、災害情報の収集と伝達、部隊運用における指揮命令伝達など、災害対応時においては無くてはならない重要な情報伝達手段である。消防防災に関する情報通信のシステムの整備や運用には、災害の種別や被害の規模などによって発生する機能低下を最低限とするための準備が求められる。
機能 役割 課題
1 災害情報の収集・伝達 災害発生の覚知、失見当期の短縮 広域かつ大きな災害ほど情報収集が困難
2 情報の集約・処理・可視化 適切な対応のための状況分析 人手や時間が不足し、状況分析に必要な情報の取り纏めや、地図上へのプロットなど情報処理・可視化まで手が回らない。
3 関係者や関係機関間の情報共有 状況認識統一と連携・協調 業務内容や用語に対する理解が災害対応関係ごとに異なっている。
伝送方式や情報フォーマットが異なり、システム間の接続が困難。
4 部隊運用における指揮命令伝達 迅速かつ効果的な応急対応 輻輳や設備の被災による通信の途絶

表2-1 消防防災に関する情報通信システムに求められる機能と役割の概要、課題


 これらの課題の中には、無線や通信ネットワークなど電気通信システムのハードやソフトウエアを高度化することによって解決する部分がある。一方で、消防防災業務における役割(組織と責任)を踏まえた上で、情報通信のシステムが取り扱う情報の内容(情報コンテンツ)、情報通信のシステムや情報の利用方法(運用の標準化)を工夫することによって、課題による影響を少なくすることが可能である。