日本の火山・日本の火山・世界の火山
防災訓練映像紹介
防災まちづくり
消防防災に関する情報通信
防災センター
消防防災GIS
基礎知識
報告書・記録集
消防専門知識の提供
防災専門知識の提供
教材資料コーナー
法令を探す
火災・事故防止に資する防災情報データベース
消防防災用語解説
防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

3.2 情報の活用(運用の標準化)

(1) 応急対応の標準化(ICS:Incident Command System)

 ICSは、米国において開発され、普及している応急対応における命令系統や管理手法の標準化で、ロサンゼルス市消防局が自らの消防隊の運用に導入し、カリフォルニア州緊急業務部が全州に広げた。 連邦危機管理庁(FEMA)もカリフォルニア州に習い、全米的な制度とするべく連邦応急対応計画に取り入れている。 ICSによって、以下に例示する対応組織や対応業務の標準化が図られている。
  • 対応組織の標準化
    応急対応に係る組織(EOC:災害対策本部)を、5つの機能(指揮、実行、計画、後方支援、財務・総務)に標準化
  • 対応業務の標準化
    応急対応に係る業務(ESF:Emergency Support Functions)を15分類し、それぞれの業務内容を明らかにするとともに、業務分類毎に担当省庁・部局と責任機関を明確化
  • 調整範囲(連絡・調整ルート)の明確化
図3-5
ICS:指揮部と一般のスタッフ(FEMA 501/Draft August 2007)
George D.Haddow 他, Introduction to Emergency Management(Forth Edition), BH, 2003, pp.137-138.

(2) ISO22320に基づく危機管理

 ISO22320 は原題を Societal security-Emergency management- Requirements for incident response (危機管理“危機対応に関する要求事項” )とする、 緊急時の単一組織の指揮調整のあり方、危機対応にあたっての情報処理のあり方、そして組織間の協 力連携のあり方について規定した国際規格である。 TC223“Societal Security(社会安全) ”による最初の国際規格として 2011 年 11 月に発行された。さまざまな組織が効果的な危機対応を実施するため,以下の3点を必要最小限の要求事項としてまとめている。
  1. 災害・危機対応にかかわるそれぞれの組織における「指揮・統制(Command and Control)」に関する組織体制および手続きの規定に関する要求事項
    図3-6
  2. 災害・危機対応を進めるために必要となる「活動情報Operational Information)」を効果的に活用する情報処理のあり方に関する要求事項
    図3-7
    活動情報処理の6ステップ
  3. 災害・危機対応にかかわる組織間の「協力と連携(Cooperationand Coordination)」に関する要求事項
平成25年10月20日には、日本工業規格JISQ22320(社会セキュリティー緊急事態管理ー危機対応に関する要求事項)として、制定・公示されている。

出典: 日本工業規格JISQ22320(社会セキュリティー緊急事態管理ー危機対応に関する要求事項),
出典:“ISO22320(社会セキュリティ緊急事態管理-指揮命令のための要求事項)”. 及び“ISO22322(社会セキュリティ-警報システム)”の概要と課題)」. 林 春男(京都大学防災研究所)