日本の火山・日本の火山・世界の火山
防災訓練映像紹介
防災まちづくり
消防防災に関する情報通信
防災センター
消防防災GIS
基礎知識
報告書・記録集
消防専門知識の提供
防災専門知識の提供
教材資料コーナー
法令を探す
火災・事故防止に資する防災情報データベース
消防防災用語解説
防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

4. おわりに -情報通信システムの課題-

  1. 大災害時、いざという時に期待された機能を発揮するシステムは少ない。
    →大災害時には、システムの不具合などを想定した運用や対応手段をあらかじめ検討しておく必要がある。
  2. 応急対応時、必要かつ重要な情報の峻別は、情報システムではできない。
    →職員が行うデータ入力、および、その分析とりまとめが容易にできるように、操作性向上のためのユーザインターフェースを検討する必要がある。
  3. 情報通信システムに用いられている機器(ハード)の耐用年数の他に、コンピュータのオペレーティングシステム(OS)の更新などの必要があり、システム自体の寿命は長くない。
    →システムが、特定のハードやOSに依存しないように、将来を見越した設計をおこなうことが必要である。
  4. 運用組織が異なる情報通信システムの連携が進んでいない。
    →情報通信システムの構築にあたっては、他機関の情報を利用しやすくするために、標準仕様を採用しないといけない。
  5. モバイル端末(スマートフォン、タブレット)が発信した画像を処理できるシステムが少ない。
    →画像を処理できるシステムの構築が必要である。(画像が処理できるシステムの例:「多助」 )