防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

日本の火山・世界の火山

日本の火山情報  火山現象の解説  火山災害の解説  世界の主要火山災害  リンクページ  用語集

主要火山災害一覧


キラウエア火山(アメリカ)

ハワイ島の南東部にあるキラウエア火山は、最近200年間で100回以上噴火をしている活動的な火山です。この火山の噴火では割れ目火口からの溶岩が勢いよく噴きあがる溶岩噴泉と、吹き出した粘性の低い溶岩が薄く広く流れ下る溶岩流が特徴的です。噴火は山頂カルデラの内外と東側のなだらかな稜線にそう山腹部で起こり、多くの場合、割れ目火口を形成します。このような噴火はあまり爆発的ではなく、爆発や降下物による被害は広範囲には広がりません。しかし、溶岩流は粘性が低いため、薄く広く流れ下るために人家や道路、構造物などに広い範囲で被害を与えます。


[パプアニューギニア]
ラバウル火山 1994年噴火
[フィリピン]
ピナツボ火山 1991年噴火
[カメルーン]
ニオス湖 1986年ガス噴出
[コロンビア]
ネバド・デル・ルイス火山
1985年噴火
[アメリカ]
セントヘレンズ火山 1980年噴火
[西インド諸島]
モン・プレー火山 1902年噴火
[イタリア]
ベスビオ火山 79年噴火
[ギリシア]
サントリーニ火山 ミノア噴火
-約3,500年前
[アメリカ]
キラウエア火山
[イタリア]
エトナ火山
[フィリピン]
マヨン火山
[インドネシア]
メラピ火山

リストに戻る