防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

宮澤清治の防災歳時記


バックナンバー

「真夏の山火事」(「消防科学と情報」1996年夏号)
「山が燃える」(「消防科学と情報」1998年春号)
「笄(こうがい)の渡し」(「消防科学と情報」2001年春号)
「初夏の大霜害に泣いた農民」(「消防科学と情報」2004年春号)
「濃霧で紫雲丸が沈没す」(「消防科学と情報」2005年春号)
「虎が雨」(「消防科学と情報」2006年春号)
「照り降り人形で晴雨を占う」(「消防科学と情報」2007年春号)
「初夏の空は白っぽく見える」(「消防科学と情報」2008年春号)
「昇龍、江戸の町を襲う」(「消防科学と情報」2009年春号)
「五月晴れの空からひょうが降る(2000年5月24日の関東南部のひょう害)」(「消防科学と情報」2010年 春号)


「白い雨と山崩れ」(「消防科学と情報」1995年夏号)
「豪雨は深夜に降りやすい」(「消防科学と情報」1997年夏号)
「にんじん状の雲から豪雨が降る」(「消防科学と情報」1999年夏号)
「山野に響く「ししおどし」」(「消防科学と情報」2000年夏号)
「悲しめる乙女の像」(「消防科学と情報」2004年夏号)
「元祖「集中豪雨の里」の水害記念碑」(「消防科学と情報」2005年夏号)
「深夜の土石流、集落を襲う」(「消防科学と情報」2006年夏号)
「禍福無門の戒め」(「消防科学と情報」2007年夏号)
「「せき止め湖」を考える」(「消防科学と情報」2008年夏号)
「海の水がせめて来た(伊勢湾台風から50年)」(「消防科学と情報」2009年夏号)
「キジも鳴かずば撃たれまい」(「消防科学と情報」2010年夏号) (最終回)


「霜夜に冴える鐘の音」(「消防科学と情報」1997年秋号)
「木枯らしの吹くころ」(「消防科学と情報」2000年秋号)
「ぶり起こし」の鳴るころ」(「消防科学と情報」2002年秋号)
「身代わり地蔵」(「消防科学と情報」2003年秋号)
「これで実況を打ち切ります」(「消防科学と情報」2004年秋号)
「酒田大火、復興の歌高らかに」(「消防科学と情報」2005年秋号)
「ねこまくり」に襲われた(「消防科学と情報」2006年秋号)
「江戸のおばあさん気象予報士」(「消防科学と情報」2007年秋号)
「「七五三」に台風が上陸した」(「消防科学と情報」2008年秋号)
「屋島丸台風は韋駄天だった」(「消防科学と情報」2009年秋号)


「雁木(がんぎ)が見える風景」(「消防科学と情報」2000年冬号)
「雪爭い」(「消防科学と情報」2001年冬号)
「津波かるた」(「消防科学と情報」2004年冬号)
「雪の重みで屋根が落ちた」(「消防科学と情報」2005年冬号)
「お節句に来た大津波」(「消防科学と情報」2006年冬号)
「巨大ぼたん雪が降る」(「消防科学と情報」2007年冬号)
「雪と闘ったキマロキ士」(「消防科学と情報」2008年冬号)
「やまじ風公園」(「消防科学と情報」2009年冬号)
「冬の嵐が列車を倒し船を沈めた(「昭和45年1月低気圧」)」(「消防科学と情報」2010年冬号)