防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

「ハザードマップ」について

●ハザードマップとは?


ハザードマップとは、津波、地震、火山、風水害等の自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図に示したものです。必要に応じて、予測される災害の発生地点、被害の範囲及び被害程度、さらには避難経路、避難場所などの防災情報を地図上に図示しています。
ハザードマップを利用することにより、災害発生時に迅速・的確に避難を行うことができ、また二次災害発生予想箇所を避けることができるため、災害による被害の軽減に有効です。
ハザードマップ見本

●全国のハザードマップを紹介


国土交通省では、区市町村が作成している各種のハザードマップを、インターネット上で一元的に検索・閲覧ができるポータルサイトで公開しています。このサイトは、区市町村のホームページに公開されている様々なハザードマップを地図から一元的に検索、閲覧できるものです。また、全国のハザードマップの公開状況、土地の成因や形態、地盤高などを表示した土地条件図も同じ操作で閲覧できます。
「ハザードマップ関連の所在情報」(国土交通省ハザードマップポータルサイト)

本サイトで閲覧できるハザードマップは、「ハザードマップ実態調査(平成19 年2 月実施)」以降区市町村からの情報を平成19年8月時点で更新し、インターネットで公開しているハザードマップのURLへ直接リンクしたものです。なお、今後も調査結果により、随時更新・追加を実施していく予定です。



【引用・参考文献】

「〜インターネットで日本中のハザードマップを“まるごと”閲覧〜ハザードマップポータルサイト)」(国土交通省)