防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

まさかの噴火−「雲仙・普賢岳 噴火災害を体験して」より−

一覧

山の変化

1. 避難は土石流で始まった
不安と期待の噴火
未明の土石流

2. 大惨事発生
初めて知った火砕流
死者・行方不明者43人
なぜ消防団が犠牲に

3. いつまで続くのか、この災害
長引く火山活動
拡大し続ける土石流

4. 増えつづける生活被害
初めて見た灰色のまち
生活の被害、いろいろ
市民の被害額
商店の嘆き
魚がとれない


  島原普賢会(特定非営利活動法人)は、雲仙・普賢岳噴火災害の被災地の地域づくりをめざす住民の組織ですが、平成12年8月に記録誌「雲仙・普賢岳噴火災害を体験して」を発行されました。ここに掲載するのはこの記録誌の「2.まさかの噴火」の部分をほとんどそのまま転載したものです。記録誌にはこのほか避難生活、生活再建、ふるさと再建の様子など貴重な記録満載です。転載を快く許可いただいた島原普賢会や関係の皆様に心より感謝申しあげます。

なお、この記録誌は1000円で販売もしております。お問いあわせは下記にどうぞ。
〒855-0853 長崎県島原市上の原1-6222-6(島原普賢会)
TEL・FAX 0957-62-7022