防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

応急手当の基礎知識

その他


救急車の呼び方について(119番通報要領)

  救急車を要請する場合は、まず119番(消防本部の指令センター)にあわてないで、はっきりと状況を通報し、救急車の出場を要請する。

[1] 119番が通じたら、次の手順により通報する。

(1) 「火事ですか。救急ですか」と尋ねるので、「救急です」と告げてください。
 
(2) 救急車を要請する場所を伝えてください。
1.) 区市町村名、町名、地番及び要請者宅
(隣接区市町村に同じ町名があることも考えられるので、必ず区市町村名を告げる。)
2.) 要請場所がビル等の場合はビルの名前、階層、号棟、号室
(最も近い入口等を告げると救急隊も到着しやすい。)
3.) 交通事故の場合は所在、道路名、目標(交差点名)等
(交差点名や付近の著名な建物等を告げると救急隊も到着しやすい。)
 
(3) 「どのような状態ですか」と聞かれた場合は、見たままの状態を簡潔に伝えてください。
  1.) けが人が複数いる場合は、その人数
2.) けがの状態と合わせ、どうしてけがをしたのかが分かればその内容
 
(4) 電話をしている本人の氏名と電話番号を伝えてください。
  1.) 携帯電話等から通報した場合は、その旨を告げる。
2.) 救急車を要請後はその場を離れない。また、携帯電話等からの通報時はメイン電源を切らない。

[2] 救急車のサイレンが聞こえたら、できるだけ近くに案内をする人を出し、誘導してください。また、救急隊が到着したら救急隊員に次のことを知らせてください。

(1) 救急隊が到着するまでの傷病者の容態変化
(2) 応急手当を実施した場合は、その内容
(3) 傷病者に持病がある場合は、その病名、かかりつけ病院等
(4) 事故を目撃した場合は、そのときの状況
(5) 119番受付員から電話を通じて応急手当の口頭指導があった場合は、その指示内容

[3] 119番の受付員から電話を通じて応急手当の口頭指導があった場合は、指示に従って積極的に実施してください。

戻る