防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

応急手当の基礎知識

その他の応急手当の基礎実技


3.けがに対する応急手当

(1) 包帯法
●包帯は、きずの保護と細菌の侵入を防ぐために行う。
●できるだけ清潔なものを用いる。
●きずを十分に覆うことのできる大きさのものを用いる。
●出血があるときは、十分に厚くしたガーゼ等を用いる。
●きず口が開いている場合などは、原則として滅菌されたガーゼを使用し、脱脂綿や不潔なものを用いてはならない。
●滅菌ガーゼを扱うときは、清潔に扱う。
●きず口が土砂などで汚れているときなどは、きれいな水で洗い流すなど清潔に扱う。
●滅菌された材料は有効期限に注意する。

ポイント
・包帯は強く巻くと血行障害を起こすので、注意して巻く。
・包帯の結び目は、きず口の上を避けるようにする。

(2) 三角巾
●体のどの部分にも使用できる。
●きずの大きさにとらわれずに使用できる。
●きず口にはガーゼ等を当ててから、三角巾を用いるようにする。



戻る