防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

応急手当の基礎知識

応急手当の基礎知識


1.はじめに
  私たちは、いつ、どこで、突然のけがや病気におそわれるか予測ができません。このようなとき、病院に行くまでに、家庭や職場でできる手当のことを応急手当といいます。

  けがや病気の中には、脳卒中のように意識がなくなって、呼吸ができなくなり、ついには心臓が止まってしまうものや、プールで溺れたり、喉にお餅を詰まらせたときのまうに、呼吸ができなくなって心臓が止まってしまうもの、心筋梗塞や不整脈のまうに心臓が突然止まってしまうもの、大けがをして大出血でショックになり心臓が止まってしまうものなど、特に重篤なものがありますが、このようなときには、救急ががくるまでに何らかの処置をしないと命は助かりません。このときに役立つ応急手当の方法を、特に救命手当といいます。

  図1はカーラーの救命曲線といいます。心臓が止まってから、または呼吸が止まってから、何分くらい経つと命が助からないかが曲線で示されています。救急車がきてくれるまでには、全国平均で約6分かかります。もし呼吸が止まってしまったり、心臓が止まってしまったときに、救急車がきてくれるまで手をこまねいて見ていたら、命を救うことができないことがこの図から分かると思います。

  心臓が止まってしまうような重篤な状態のときには、救命手当はもちろん、救急車をすぐに呼ぶことや、救急救命士による除細動(電気ショック)、救命救急センター等による高度な医療が、スムーズな連係プレーで行われることが救命のためには必要です。このことを救命の連鎖といいます(図2参照)。この連鎖が-つでも欠けたら命を助けることはできません。

図1
カーラーの救命曲線(改変)
図2:救命の連鎖

  家庭や職場で家族や友人が倒れたとき、救命の連鎖の最初の2つの輪である「早い通報」「早い応急手当」は、「あなた」につないでいただくしかありません。倒れた人の意識がなくて重篤な状態だと思ったら、すぐに救急車を呼んで、このテキストにある方法で救命手当てを始めてください。救急救命士は、必要に応じて除細動(電気ショック)を含む救命処置を施しながら、高度な医療ができる施設へ搬送してくれます。
 このような連携ができて、初めて、心臓が止まった人を救命することができるのです。    


戻る