防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

応急手当の基礎知識

応急手当の基礎知識


応急手当の基礎知識
     1.はじめに
     2.応急手当をまとめてみる

救命手当の基礎知識
  心肺蘇生法
1.心肺蘇生法の流れ
2.心肺蘇生法の手順
(1) 意識を調べる
(2) 助けを呼ぶ
(3) 気道の確保
   (空気が鼻や口から肺に達するまでの通路を開く)
(4) 呼吸を調べる
(5) 人工呼吸
   (口対口人工呼吸により、肺に空気を送り込む)
(6) 循環のサインを調べる
   (心臓の拍動の状態を調べる)
(7) 心臓マッサージ
   (胸骨圧迫心臓マッサージにより、酸素の含まれた血液を循環させる)
(8) 心肺蘇生法の実施
   (心臓マッサージ15回と人工呼吸2回の組み合わせを継続する)
3.小児の場合の心肺蘇生法の流れ
4.小児・乳児・新生児の心肺蘇生法の手順
(1) 意識を調べる
(2) 助けを呼ぶ
   (意識がなく、ぐったりしている場合は、すぐに助けを呼ぶ)
(3) 気道の確保
(4) 呼吸を調べる
(5) 人工呼吸
   (口対口人工呼吸法、口対口鼻人工呼吸法の実施)
(6) 循環のサインを調べる
(7) 心臓マッサージ
   (胸骨圧迫心臓マッサージの実施)
(8) 心配蘇生法の実施
   (心臓マッサージと人工呼吸の組み合わせを続ける)
  大出血時の止血法  
1.直接圧迫止血法  
   (1) 出血部位を圧迫し、包帯をする  
2.止血帯法  

その他の応急手当の基礎実技
  傷病者の管理法
(1) 衣服のゆるめ方
(2) 保温(傷病者の体温を保つ)
(3) 体位の管理法
  骨折に対する応急手当
  (1) 骨折の部位を確認する
(2) 骨折しているところを固定する
  けがに対する応急手当
  (1) 包帯法
(2) 三角巾
  搬送法
  (1) 担架搬送法
(2) 徒手搬送法
     1名で搬送する方法
     2名で搬送する方法
     3名で搬送する方法
  首のけがに対する応急処置
  (1) 首が痛いか聞く
(2) 首が動かないようにする
(3) やむを得ず移動する場合
  溺水に対する応急手当
  (1) 溺れている人を救助する
(2) 心配蘇生法の実施(気道の確保、人工呼吸、心臓マッサージ)
(3) 溺れた人が吐いたら
  熱傷(やけど)に対する応急手当
  (1) 熱傷(やけど)の程度を調べる
(2) 比較的軽い熱傷(・度の熱傷、狭い面積の・度の熱傷)のとき
(3) 重症の熱傷のとき
(4) 化学薬品による熱傷のとき
 
その他
  応急手当の実施による法的な責任及び感染対策について
(1) 応急手当の実施による法的な責任
(2) 応急手当の実施による感染対策
  救急車の呼び方について
  救急車の呼び方について

追補:AEDを用いた救命手当
平成16年7月1日に厚生労働省により非医療従事者による自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator:AED)の使用が可能であるとの見解が示されたことを受け、AEDを用いた救命手当を紹介するリンク情報を追補します。
総務省消防庁製作「防災・危機管理eカレッジ」では、動画を使って「救命手当(AEDを用いた方法)」を紹介しています。下記を参考にご覧下さい。
動画の見かた
 1.防災・危機管理eカレッジへリンクする
 2.トップページの中段にある「→基礎を学ぶ」にある
「3. いざという時役立つ知識コース 」をクリックする
 3.レッスン名の上から3段目にある
「●救命手当(AEDを用いた方法)」をクリックする

<< 防災・危機管理eカレッジへリンク >>
※消防防災博物館外のサイトにリンクしています※



応急手当に関する本サイトのコンテンツ作成にあたって

この応急手当に関するコンテンツは、財団法人救急振興財団様のご厚意により作成させていただいております。
応急手当についてもっと詳しくお知りになりたい方は、財団法人救急振興財団から出版されています「[改訂版]応急手当講習テキスト」をご覧になることをお奨めします。この機会に、応急手当について勉強されてみてはいかがでしょうか?
テキストが欲しい方は、こちらからご相談してください。

戻る