防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

2 火山活動と火山災害

火山災害の種類

 火山災害には、1)溶岩流、火山灰、火山ガスなどの火山噴出物による直接的災害、2)火山性地震、地殻変動などの火山活動に伴う二次的災害、3)温泉地すべりのような火山地域独特の地盤災害などがある。
 火山災害の多くは火山噴火と同時に発生するが、火山ガスによる災害は噴火終了後に発生する可能性もある。また、地盤災害の発生は降雨などの気象条件と関連がある場合が多い。
 近年の人間活動範囲の拡大、特に観光開発の進展に伴い、以前よりも火山に接近する機会が増えている。このような状況において、表1.2.1に示すような火山活動が起これば、より大規模な災害が発生する可能性がある。以上の点から、より多くの人々が火山災害に関する知識、防災意識を持つことが望まれる。
表1.2.1 火山活動と火山災害