防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

1 火山の分布と特性

日本の火山分布

 日本は世界有数の火山国であり、近畿、中国、四国地方を除き、活火山が分布している。 この分布は海洋プレートの沈み込む海溝の位置と平行し、弧状に配列する(→地震の基礎知識「陸域の地震」)(図1.1.2)。
 マグマは海溝からある程度の距離をおいた地下で発生する。そのため、海溝からある程度の距離までは火山は分布しない。しかし、ある一線を境に火山の密度は急に高くなり、海溝から離れるにしたがい火山の密度は低下する。この境界の一線を、「火山フロント(前線)」とよぶ(図1.1.3)。
 
図1.1.2 日本列島の地体構造 活火山、第四紀以後の火山、火山フロント及び海溝(またはトラフ)の分布

*2 茂木清夫:前震,群発地震について,地震(2),20,特集号,1967

図1.1.3 プレートもぐり込み地帯断面図

*3 中村一明:火山の話,岩波書店,1978