防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

5 避難に関する基礎知識

2.的確な避難のために考慮すべき事項

過去の水害体験と避難行動

 災害とは予想もしない事態を指す言葉であり、裏を返せば、予想だにしないことが生じるから災害なのである。災害現場からのテレビ中継では、地域の古老が「生まれてこの方こんなことは初めてだ」と言うのが常であるように、災害とはまさに予想だにしないことが住民の身の回りに生じるのである。
 しかし、災害が生じようとしている現場の住民にすれば、これからの事態の展開に対して、状況想定ができないことは不安が過ぎて受け入れることができない。それ故、何らかの状況想定を探し求めることになる。それは時に過去の水害経験であったり、ハザードマップに示される状況であったりする。この時危惧されることは、過去の水害経験やハザードマップに示される状況が、住民にとっては想定し得る状況の最大値になってしまう可能性があることである。その想定を越える規模の災害が生じた場合には、住民に対応の遅れが生じることが懸念されるのである。
 平成10年8月末北関東・南東北豪雨災害における郡山市においてもその傾向は見られている。この水害に先立つ昭和61年水害時に5メートル近く浸水した地域(図2.5.14ブロックD)の住民は、この水害では浸水被害を免れたにも関わらず、他地域との比較で著しく高い避難率となった。これは、ブロツクDの住民がこれから起こる事態について、昭和61年洪水の経験を想定したことが避難を促したためと思われる。その一方、昭和61年洪水時に1メートル未満の浸水を経験した地域(図中ブロックEとF)の住民は、この水害でも同程度の浸水を受けたにも関わらず避難率は高くない。これは、過去の洪水経験が住民に避難の必要性を感じさせなかったからであり、住民が想定する事態の最大値となったからと思われるのである。過去の洪水経験は住民の避難行動を促進すると考えがちであるが、被害程度が軽微な場合は、それが逆に避難の妨げになる可能性もあるのである。こうした地域には、災害は必ずしも過去に経験した規模に収まらないということを繰り返し教育する必要があろう。
図2.5.14 群馬大学工学部建設工学科片田研究室編;「平成10年8月末集中豪雨災害における郡山市民の対応行動に関する調査報告書」,1999

*35 群馬大学工学部建設工学科片田研究室編;「平成10年8月末集中豪雨災害における郡山市民の対応行動に関する調査報告書」,1999