防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

2 風水害の種類別の基礎知識

4.風害

コラム:災害と地名

 「・・・わたくしどもの先祖は、こうした地形の観察を実に丹念にかつ、的確に捉えて、その土地のクセを実にうまく地名として表現しており、それをわたしどもは、自然地名と呼んで、その地名を子々孫々に伝えて、今日に至っている。それは危険を示唆していて、危険予知の生活の知恵ともいえる。」小川豊氏はこのように地名の重要性を訴え、災害に関係する地名の由来や意味を「災害と地名」(山海堂1986)という書物に著している。この書物で解説されている地名は以下のとおりである(漢字表記は幾通りもあることから省略)。
資料2.2.1 災害と地名の関係
※このほか、鹿児島大学理学部地学科応用地質学講座ホームページ(http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/%7Eoyo/oyo.html)には、鹿児島県内の災害に関係する地名が写真とともに紹介されている

*26 小川豊;「災害と地名」,山海堂,1986