防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

1 風水害の種類と発生状況

近年の風水害による人的被害

 自然災害による死者・行方不明者の推移(図2.1.1)をみると、戦後から昭和30年代前半までは、あいつぐ大型台風や地震等により、ほぼ毎年死者・行方不明者が1,000人を超えていた。なかでも昭和34(1959)年の伊勢湾台風は死者・行方不明者が5,000人を超える風水害では戦後最大の被害をもたらした。以降、死者・行方不明者は著しく減少し、阪神・淡路大震災を除くと、長期的にみれば逓減傾向にあるといえる。これは、国土保全事業の進展、防災体制や気象観測施設・設備、災害情報伝達手段の充実等によるところが大きいと考えられる。
 一方、近年は犠牲者のうち、土砂災害による犠牲者の占める割合が高くなっている。自然災害による死者・行方不明者の原因別状況の推移(図2.1.2)をみると、自然災害による犠牲者のうち、土砂災害による犠牲者の占める割合は、昭和59年に約80%に達したのをはじめとし、おおむね50%前後の割合で推移しており、非常に大きな割合を占めている。
図2.1.1 自然災害による死者・行方不明者の推移
図2.1.2 自然災害による死者・行方不明者の原因別状況の推移

*2 国土庁編;「防災白書(平成12年版)」,p6,2000

*3 国土庁編;「防災白書(平成12年版)」,p171,2000