防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

3 観測と地震予知

K−NET-2 データ公開

<データ公開> 
 気象庁震度で3以上を記録した地震に関して、トリガーされた全ての観測点のデータは一切の制限を加えることなく公開されている。地震後2週間以内(実際には数時間−数日)にホームページ(http://www.k-net.bosai.go.jp/ )に最大加速度コンターマップおよびデジタル波形データが公開されるとともに、波形データはftp でも公開される。また、年二回の割合でCD-ROMにより波形データの提供を行っている。各観測点では、最高20mのボーリングによる検層が行われており、浅層の構造が同様に公開されている。K-NET を利用する上での重要なお知らせ等がウェブのニュースページに掲載・逐次更新されている。ミラーサイトが用意されているので適宜近隣のサイトを利用することも可能であるとともに、東北大学内のミラーサイトはバックアップセンターとして同等の作業を行うことができる。

<自治体への情報提供>
 K-NET では、10gal 以上を記録した観測点の当該自治体に対して最大加速度や気象庁計測震度等の強震情報をFAX を用いて転送している。
 また、K-NET の記録装置は電話回線とのインターフェイスを2つ備えており、自治体等の要請に応じて各観測点からの記録の分岐ができるように設計されている。このことにより、各自治体は防災科学技術研究所のデータ公開とは独立にデータを収集し、震度情報等の情報を防災に役立てることができる。実際に、K-NETの全観測点の半分以上にあたる522地点のデータが震度情報ネットワークに組み入れられている。

・K-NETに関する問い合わせ及びCDデータの請求先
〒305-0006 茨城県つくば市天王台3の1
独立行政法人 防災科学技術研究所
防災研究情報センター 強震観測管理室
電話 029-854-4940
FAX 029-854-4941