防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

3 観測と地震予知

K−NET-1 システム概要

 K-NET(Kyoshin Net)は、1995年兵庫県南部地震後に科学技術庁防災科学技術研究所(当時)により全国1000地点に設置された強震計ネットワークである。全国に約25km間隔で同一のスペックを持つ加速度型強震計を設置することにより、非常に均質な観測を行うことができるのが特長である。記録は収録後直ちに公開されるとともに、自治体等の要請に応じて観測点から直接データを提供することができるよう、設計されている。多くの観測点は役場などの公共施設等の敷地内に設置されており、硬質岩盤上に設置される場合に比べ、より人間の生活圏に近い条件で観測が行われていると言える。
<観測およびネットワークのシステム> 
 各観測点にはK-NET95 (アカシ社製)とよばれる広ダイナミックレンジの加速度型強震計が設置されており、最大2000gal まで観測可能である。記録はイベントトリガー方式で行われ、スタートレベルと同一のレベルを収束判定条件として終了されるが、最短120秒は記録される(90秒の観測点もある)。観測記録は100Hz でサンプリング(A/D)され、波形は8Mbの内蔵メモリー上に記録されるため、合計約2時間半分の波形を記録することができる。
 データ回収は、つくばの防災科学技術研究所内にある強震観測センターで一括して行われている。震度3以上の地震が起きた場合には、気象衛星ひまわりによる気象庁緊急情報衛星同報システムからの震度・震源情報をもとに記録を回収すべき観測点を算定し、観測センターから順次ダイアルアップを開始する。回収は25本の電話回線を用いて行われ、回収後担当者が波形をチェックし直ちに公開される(図1.3.5にシステム全体の概略図を示す)。
図1.3.6 K-NET におけるデータ収集およびデータ処理の概略