防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース

3 観測と地震予知

地震の長期観測

 政府の地震調査研究推進本部では、平成9年8月に地震に関する基盤的調査観測計画を発表した。時間的、空間的にできるだけ広い範囲を対象とする調査観測で、地震現象を把握・評価する上で基礎となるものを基盤的調査観測と呼ぶ。このうち観測は、長期間(少なくとも数十年)にわたり安定して行うものとされている。これらは
(1)地震観測
 1)陸域における高感度地震計による地震観測(微小地震観測)
 2)陸域における広帯域地震計による地震観測
(2)地震動(強震)観測
(3)地殻変動観測(GPS連続観測)
(4)陸域及び沿岸域における活断層調査
である。これらの他、ケーブル式海底地震計による地震観測、海域における地形・活断層調査については、実施状況を踏まえつつ、調査観測の実施に努めるとされている。
図1.3.1 高感度地震観測網(左)とGPS連続観測網(右) *44)