防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース
今日は何の日?
2017年10月23日(月)
過去の災害
全国統一防災標語
消えたかな! 気になるあの火 もう一度 (昭和62年度)shimその火 その時 すぐ始末! (昭和63年度)shimおとなりに あげる安心 火の始末 (平成元年度)shimまず消そう 火への鈍感 無関心 (平成2年度)shim毎日が 火の元警報 発令中 (平成3年度)shim点検を 重ねて築く“火災ゼロ” (平成4年度)shim防火の輪 つなげて広げて なくす火事 (平成5年度)shim安心の 暮らしの中心 火の用心 (平成6年度)shim災害に 備えて日頃の 火の用心 (平成7年度)shim便利さに 慣れて忘れる 火のこわさ (平成8年度)shimつけた火は ちゃんと消すまで あなたの火 (平成9年度)shim気をつけて はじめはすべて 小さな火 (平成10年度)shimあぶないよ ひとりぼっちにした その火 (平成11年度)shim火をつけた あなたの責任 最後まで (平成12年度)shimたしかめて。火を消してから 次のこと (平成13年度)shim消す心 置いてください 火のそばに (平成14年度)shimその油断 火から炎へ 災いへ (平成15年度)shim火は消した? いつも心に きいてみて (平成16年度)shimあなたです 火のあるくらしの 見はり役 (平成17年度)shim消さないで あなたの心の 注意の火。 (平成18年度)shim火は見てる あなたが離れる その時を (平成19年度)shim火のしまつ 君がしなくて 誰がする (平成20年度)shim消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子 (平成21年度)shim「消したかな」 あなたを守る 合言葉 (平成22年度)shim消すまでは 出ない行かない 離れない (平成23年度)shim消したはず 決めつけないで もう一度  (平成24年度)shim消すまでは 心の警報 ONのまま (平成25年度)shimもういいかい 火を消すまでは まあだだよ (平成26年度)shim無防備な 心に火災が かくれんぼ (平成27年度)shim消しましょう その火その時 その場所で (平成28年度)shim火の用心 ことばを形に 習慣に (平成29年度)shimあなたは火事の恐ろしさを知らない (昭和43年度)shim今捨てたタバコの温度が700度 (昭和44年度)shim防火三百六十五日 (昭和45年度)shimいま燃えようとしている火がある (昭和46年度)shim慣れた火に 新たな注意 (昭和47年度)shim隣にも声かけあってよい防火 (昭和48年度)shim生活の一部にしよう火の点検 (昭和49年度)shim幸せを明日につなぐ火の始末 (昭和50年度)shim火災は人災 防ぐはあなた (昭和51年度)shim使う火を消すまで離すな目と心 (昭和52年度)shimそれぞれの持場で生かせ火の用心 (昭和53年度)shimこれくらいと思う油断を火が狙う (昭和54年度)shimあなたです! 火事を出すのも防ぐのも (昭和55年度)shim毎日が防火デーです ぼくの家 (昭和56年度)shim火の用心 心で用心 目で用心 (昭和57年度)shim点検は防火のはじまりしめくくり (昭和58年度)shim“あとで”より“いま”が大切 火の始末 (昭和59年度)shim怖いのは「消したつもり」と「消えたはず」 (昭和60年度)shim防火の大役 あなたが主役 (昭和61年度)

事業所と地方公共団体との防災協力

事業所と地方公共団体間の連携方策(1)

事業所の防災協力の重要性と具体例  事業所と地方公共団体間の連携方策(1)  事業所と地方公共団体間の連携方策(2)

事業所と地方公共団体間の連携方策

  災害時の応急対応が迅速かつ的確に行われるには、事前の準備や情報の共有、緊急時の連絡体制の整備など、事業所と地方公共団体間の日常からの協力関係の構築が不可欠です。
  これらの具体的方策として、「防災協力事業所登録制度」や「防災協力協定の締結」などがあります。

イメージ図:事業所と地方公共団体間の連携の具体的方策

防災協力事業所登録制度

  防災協力事業所登録制度とは、一部の地方公共団体ですでに導入されている制度で、地方公共団体が広く呼びかけ、事前に様々な業種の事業所に「防災協力事業所」として登録してもらい、災害や事故が発生した場合、必要に応じて地方公共団体が事業所に協力を要請するものです。
  防災協力事業所の登録は、手続きが煩雑な防災協力協定の締結と比べて、手続きが簡単なことから、小規模な事業所でも比較的取り組みやすく、一方、行政は対応能力を超える分野での災害対応力の向上が期待できます。また、この制度は、あらかじめ事業所の持つ防災対応力を行政が把握できるため、様々なニーズへの迅速かつきめ細かい対応を促進できます。
  この制度は、すでに複数の地方公共団体で導入されており、事業所との連携強化のための情報共有システムの整備や、緊急時の連絡体制の整備が図られています。

防災協力事業所登録制度の具体例

○松山市の取り組み
  松山市では、非常時に事業所と災害対策本部が連携し、迅速かつ的確な救援活動を展開することを目的として、平成16年度から「災害時協力企業情報構築事業」に取り組んでいる。
  発生が懸念されている「南海地震」など広域的な災害発生時には、様々な機能が麻痺・寸断され、迅速な救助・救援活動が困難になることが想定される。そこで、松山市では、地域ごとに事業所と自主防災組織などが一体となった防災活動が展開できるよう、協力可能な企業を募ったところ、約5,000社以上の企業の登録があった。
  登録企業のうち、企業名掲載の希望のあった企業について、松山市のホームページに掲載している。

○宮城県の取り組み
  宮城県では、食料や防災資機材等の物資をスムーズに調達できるよう、災害時に企業が提供可能な支援項目を事前に把握し、「災害支援目録」を作成している。
  災害発生時には、作成した「災害支援目録」を利用し、緊急調達を行うこととしている。

○横浜市の取り組み
  横浜市では大震災などの災害発生時に一時避難地や仮設住宅の建設用地等として農地を活用するため、温室が設置されていない平坦地で水田、果樹園以外の農地を対象として、災害時に農地を提供してもよいと言う農家を登録する「防災協力登録農地」制度を実施している。
  同制度は、全国に先駆けて平成7年度に創設され、登録は、翌年度より行われている。
  平常時は地主に対する代償はなく、災害が発生した際は、損失補償(耕作地の場合)を行うとともに、別に土地使用料が定められている。また、使用が終了したときは、市長は速やかに農地として原形に復旧し、所有者に返還しなければならない。


次のページへ