防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース
今日は何の日?
2017年10月23日(月)
過去の災害
全国統一防災標語
災害に 備えて日頃の 火の用心 (平成7年度)shim便利さに 慣れて忘れる 火のこわさ (平成8年度)shimつけた火は ちゃんと消すまで あなたの火 (平成9年度)shim気をつけて はじめはすべて 小さな火 (平成10年度)shimあぶないよ ひとりぼっちにした その火 (平成11年度)shim火をつけた あなたの責任 最後まで (平成12年度)shimたしかめて。火を消してから 次のこと (平成13年度)shim消す心 置いてください 火のそばに (平成14年度)shimその油断 火から炎へ 災いへ (平成15年度)shim火は消した? いつも心に きいてみて (平成16年度)shimあなたです 火のあるくらしの 見はり役 (平成17年度)shim消さないで あなたの心の 注意の火。 (平成18年度)shim火は見てる あなたが離れる その時を (平成19年度)shim火のしまつ 君がしなくて 誰がする (平成20年度)shim消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子 (平成21年度)shim「消したかな」 あなたを守る 合言葉 (平成22年度)shim消すまでは 出ない行かない 離れない (平成23年度)shim消したはず 決めつけないで もう一度  (平成24年度)shim消すまでは 心の警報 ONのまま (平成25年度)shimもういいかい 火を消すまでは まあだだよ (平成26年度)shim無防備な 心に火災が かくれんぼ (平成27年度)shim消しましょう その火その時 その場所で (平成28年度)shim火の用心 ことばを形に 習慣に (平成29年度)shimあなたは火事の恐ろしさを知らない (昭和43年度)shim今捨てたタバコの温度が700度 (昭和44年度)shim防火三百六十五日 (昭和45年度)shimいま燃えようとしている火がある (昭和46年度)shim慣れた火に 新たな注意 (昭和47年度)shim隣にも声かけあってよい防火 (昭和48年度)shim生活の一部にしよう火の点検 (昭和49年度)shim幸せを明日につなぐ火の始末 (昭和50年度)shim火災は人災 防ぐはあなた (昭和51年度)shim使う火を消すまで離すな目と心 (昭和52年度)shimそれぞれの持場で生かせ火の用心 (昭和53年度)shimこれくらいと思う油断を火が狙う (昭和54年度)shimあなたです! 火事を出すのも防ぐのも (昭和55年度)shim毎日が防火デーです ぼくの家 (昭和56年度)shim火の用心 心で用心 目で用心 (昭和57年度)shim点検は防火のはじまりしめくくり (昭和58年度)shim“あとで”より“いま”が大切 火の始末 (昭和59年度)shim怖いのは「消したつもり」と「消えたはず」 (昭和60年度)shim防火の大役 あなたが主役 (昭和61年度)shim消えたかな! 気になるあの火 もう一度 (昭和62年度)shimその火 その時 すぐ始末! (昭和63年度)shimおとなりに あげる安心 火の始末 (平成元年度)shimまず消そう 火への鈍感 無関心 (平成2年度)shim毎日が 火の元警報 発令中 (平成3年度)shim点検を 重ねて築く“火災ゼロ” (平成4年度)shim防火の輪 つなげて広げて なくす火事 (平成5年度)shim安心の 暮らしの中心 火の用心 (平成6年度)

事業所の防災対策

事業所の防災対策(2)

事業所の防災対策(1)  事業所の防災対策(2)  事業所の防災対策(3)

帰宅困難者対策

  帰宅困難者とは、出先で大地震等に遭遇し、電車等の交通機関の停止や自動車の利用禁止に伴い、自宅が遠隔なため帰宅をあきらめる人々や、一旦徒歩で帰宅を開始したものの途中で帰宅が困難となり保護が必要になる人々をいいます。
  参考までに、東京都の平成18年度「首都直下地震による東京の被害想定報告書」によると、出先から自宅までの距離別の徒歩による帰宅困難割合を以下の通り設定し、予想される帰宅困難者数を算出したところ、東京都全体で外出者(都内滞留者)1,144万人のうち、約392万人(約34%)の帰宅困難者が発生するとされています。

距離別帰宅困難割合
自宅までの距離 帰宅困難割合
〜10km 全員帰宅可能(帰宅困難割合=0%)
10km〜20km 被災者個人の運動能力の差から、帰宅困難割合は1km遠くなるごとに10%増加
20km〜 全員帰宅困難(帰宅困難割合=100%)


  災害時、事業所は安否情報や交通情報等の収集を行い、災害の状況を十分に見極めた上で、安全確保に十分留意しながら帰宅可能な従業員を適宜帰宅させます。なお、夜間や自宅の安否確認ができた従業員については、ひとまず事業所に留めるという選択肢もあります。
  また、買い物客等が多い事業所では、顧客に対しても従業員と同様の配慮が必要です。
  以下は、東京都が提唱する「帰宅困難者心得10か条」です。いざという時のために、日常から従業員に周知しておきましょう。

帰宅困難物心得10か条
あわてず騒がず、状況確認
携帯ラジオをポケットに
つくっておこう帰宅地図
ロッカー開けたらスニーカー(防災グッズ)
机の中にチョコやキャラメル(簡易食料)
事前に家族で話し合い(連絡手段、集合場所)
安否確認、ボイスメール(災害用伝言ダイヤル)や遠くの親戚
歩いて帰る訓練を
季節に応じた冷暖準備(携帯カイロやタオルなど)
声を掛け合い、助け合おう
  災害時には、指定の公共施設や自治体との協定を結んだコンビニエンスストア、ガソリンスタンド、ファミリーレストラン等の施設で、水、トイレ、情報提供等の支援を受けられます。
  従業員は、各自の帰宅経路にあるこれらの施設について、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)

  事業継続計画(BCP)とは、企業が自然災害等で被災しても、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。
  参考として、BCPの策定・遂行に必要な事項を以下に示します。
BCPの策定・遂行に必要な事項
  ・  優先して継続・復旧すべき中核事業の特定
  ・  緊急時における中核事業の目標復旧時間の設定
  ・  緊急時に提供できるサービスのレベルについて顧客と予め協議
  ・  事業拠点や生産設備、仕入品調達等の代替策を用意
  ・  全ての従業員と業務継続についてコミュニケーションを図る


  おわりに、インターネット上の関連ページを示しますので、こちらもぜひ参考として下さい。

【内閣府・企業防災トップページ】
http://www.bousai.go.jp/kigyo-machi/index.html

【内閣府・企業防災のページ(「みんなで防災」のページ)】
http://www.udri.net/portal/kigyoubousai/kigyoubousai.htm

【(社)日本経済団体連合会・災害に強い社会の構築に向けて】
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2003/070/index.html

【(社)日本経済団体連合会・企業の地震対策の手引き】
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2003/070/tebiki.pdf
参考: 東京都総務局「東京都防災ホームページ」
( http://www.bousai.metro.tokyo.jp/index.html )


次のページへ