防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース
今日は何の日?
2017年10月20日(金)
過去の災害
全国統一防災標語
火の用心 心で用心 目で用心 (昭和57年度)shim点検は防火のはじまりしめくくり (昭和58年度)shim“あとで”より“いま”が大切 火の始末 (昭和59年度)shim怖いのは「消したつもり」と「消えたはず」 (昭和60年度)shim防火の大役 あなたが主役 (昭和61年度)shim消えたかな! 気になるあの火 もう一度 (昭和62年度)shimその火 その時 すぐ始末! (昭和63年度)shimおとなりに あげる安心 火の始末 (平成元年度)shimまず消そう 火への鈍感 無関心 (平成2年度)shim毎日が 火の元警報 発令中 (平成3年度)shim点検を 重ねて築く“火災ゼロ” (平成4年度)shim防火の輪 つなげて広げて なくす火事 (平成5年度)shim安心の 暮らしの中心 火の用心 (平成6年度)shim災害に 備えて日頃の 火の用心 (平成7年度)shim便利さに 慣れて忘れる 火のこわさ (平成8年度)shimつけた火は ちゃんと消すまで あなたの火 (平成9年度)shim気をつけて はじめはすべて 小さな火 (平成10年度)shimあぶないよ ひとりぼっちにした その火 (平成11年度)shim火をつけた あなたの責任 最後まで (平成12年度)shimたしかめて。火を消してから 次のこと (平成13年度)shim消す心 置いてください 火のそばに (平成14年度)shimその油断 火から炎へ 災いへ (平成15年度)shim火は消した? いつも心に きいてみて (平成16年度)shimあなたです 火のあるくらしの 見はり役 (平成17年度)shim消さないで あなたの心の 注意の火。 (平成18年度)shim火は見てる あなたが離れる その時を (平成19年度)shim火のしまつ 君がしなくて 誰がする (平成20年度)shim消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子 (平成21年度)shim「消したかな」 あなたを守る 合言葉 (平成22年度)shim消すまでは 出ない行かない 離れない (平成23年度)shim消したはず 決めつけないで もう一度  (平成24年度)shim消すまでは 心の警報 ONのまま (平成25年度)shimもういいかい 火を消すまでは まあだだよ (平成26年度)shim無防備な 心に火災が かくれんぼ (平成27年度)shim消しましょう その火その時 その場所で (平成28年度)shim火の用心 ことばを形に 習慣に (平成29年度)shimあなたは火事の恐ろしさを知らない (昭和43年度)shim今捨てたタバコの温度が700度 (昭和44年度)shim防火三百六十五日 (昭和45年度)shimいま燃えようとしている火がある (昭和46年度)shim慣れた火に 新たな注意 (昭和47年度)shim隣にも声かけあってよい防火 (昭和48年度)shim生活の一部にしよう火の点検 (昭和49年度)shim幸せを明日につなぐ火の始末 (昭和50年度)shim火災は人災 防ぐはあなた (昭和51年度)shim使う火を消すまで離すな目と心 (昭和52年度)shimそれぞれの持場で生かせ火の用心 (昭和53年度)shimこれくらいと思う油断を火が狙う (昭和54年度)shimあなたです! 火事を出すのも防ぐのも (昭和55年度)shim毎日が防火デーです ぼくの家 (昭和56年度)

非常用品を準備する

2.備えておきたい非常用品

1.非常用品の準備はなぜ必要?  2.備えておきたい非常用品  3.準備するときの注意点

  では、非常用品は、どのようなものを用意しておけばよいのでしょうか。
  一般的に、発災直後から公的機関による支援体制が整うまでの間として、最低3日間の避難生活に必要な物資の蓄えが推奨されています。
  しかし、いざ災害が発生して緊急的に避難する必要がある場合は、あまり多くのものは持ち出せません。避難のときに持っていくもの(非常持出品)と、その後の避難生活に必要な生活用品(非常備蓄品)とを分けておいた方が良いでしょう。
  用意するものは人によって異なりますが、備えておきたい非常持出品、非常備蓄品としては下記のようなものがありますので、これを参考にご自分やご家族にとって必要なものは何かを考えてみましょう。
●非常持出品
  最低限必要なものを非常持出品として用意します。避難場所まで無理なく持って歩ける重さかどうかを確認しましょう。
飲食物
飲料水(小さいペットボトルなどの携帯用飲料水)
軽食(カップめん、ビスケット、チョコレート、飴玉など)
(小さい子供がいる場合)ミルク、ほ乳びん
救急用品
絆創膏、消毒ガーゼ、消毒液、体温計、はさみ、脱脂綿、三角きん、包帯、きれいなタオル、ピンセットなど。
持病のある人は常備薬が必要です。また、処方箋などのコピーを用意しておくと良いでしょう。
懐中電灯、ラジオ
懐中電灯、小型のラジオ、乾電池など。
生活用品
衣類、下着など。冬季や寒冷地では毛布、防寒着、使い捨てカイロなども必要です。
ティッシュ、ウェットティッシュ、タオル、ビニール袋
生理用品、オムツなど(人によって異なります)。
筆記用具、メガネ、ナイフ、マッチ、ろうそく、軍手など
貴重品
現金、通帳、印鑑、免許証や健康保険証(またはそのコピー)など

  非常持出品の準備や点検には、下記のようなチェックリストを使うと便利です。PDF版とExcel版がありますので、ダウンロードしてお使い下さい。
PDF版をご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
こちらから無償でダウンロードしていただけます。


●非常備蓄品
  非常備蓄品として備えておきたいものは、3日分程度の飲料水と食料品、燃料類、簡易トイレ、消火器やおの・ハンマーなどの資機材などです。
  下記を参考に、必要なものをそろえておきましょう。
飲料水及び食料品 3日分
水は1人1日3リットルを目安にしましょう。ミネラルウォーターは長期保存に向かないものもありますので、消費期限をよく確認しましょう。なお、給水を受けるときは飲料水用のポリタンクや保存袋があると便利です。
食料は調理しなくても食べられる非常食品や、レトルト食品、缶詰などを用意しましょう。紙コップ、紙皿、割り箸などの簡易食器も一緒に用意しておくと良いでしょう。
簡易トイレ
簡易組立タイプや、ご家庭の水洗トイレにセットするタイプのものなどが防災グッズとして販売されています。
消火器、消火用水
消火器、三角消火バケツ
風呂水の汲み置きは消火用のほか、断水の際にトイレの排水用として使えます。
生活用品
簡易コンロ、固形燃料、ライター、缶切り
毛布、ビニールシート、軍手
各種資機材
おの、ハンマー、スコップ、のこぎりなど。

※「災害・緊急時の簡単料理あらかると」では、栄養士がおすすめする身近な食材の活用方法や、いざというときに必要な備蓄食品や調理器具などを紹介しています。こちらもあわせてご覧ください。
 


次のページへ