防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース
今日は何の日?
2017年12月14日(木)
過去の災害
全国統一防災標語
気をつけて はじめはすべて 小さな火 (平成10年度)shimあぶないよ ひとりぼっちにした その火 (平成11年度)shim火をつけた あなたの責任 最後まで (平成12年度)shimたしかめて。火を消してから 次のこと (平成13年度)shim消す心 置いてください 火のそばに (平成14年度)shimその油断 火から炎へ 災いへ (平成15年度)shim火は消した? いつも心に きいてみて (平成16年度)shimあなたです 火のあるくらしの 見はり役 (平成17年度)shim消さないで あなたの心の 注意の火。 (平成18年度)shim火は見てる あなたが離れる その時を (平成19年度)shim火のしまつ 君がしなくて 誰がする (平成20年度)shim消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子 (平成21年度)shim「消したかな」 あなたを守る 合言葉 (平成22年度)shim消すまでは 出ない行かない 離れない (平成23年度)shim消したはず 決めつけないで もう一度  (平成24年度)shim消すまでは 心の警報 ONのまま (平成25年度)shimもういいかい 火を消すまでは まあだだよ (平成26年度)shim無防備な 心に火災が かくれんぼ (平成27年度)shim消しましょう その火その時 その場所で (平成28年度)shim火の用心 ことばを形に 習慣に (平成29年度)shimあなたは火事の恐ろしさを知らない (昭和43年度)shim今捨てたタバコの温度が700度 (昭和44年度)shim防火三百六十五日 (昭和45年度)shimいま燃えようとしている火がある (昭和46年度)shim慣れた火に 新たな注意 (昭和47年度)shim隣にも声かけあってよい防火 (昭和48年度)shim生活の一部にしよう火の点検 (昭和49年度)shim幸せを明日につなぐ火の始末 (昭和50年度)shim火災は人災 防ぐはあなた (昭和51年度)shim使う火を消すまで離すな目と心 (昭和52年度)shimそれぞれの持場で生かせ火の用心 (昭和53年度)shimこれくらいと思う油断を火が狙う (昭和54年度)shimあなたです! 火事を出すのも防ぐのも (昭和55年度)shim毎日が防火デーです ぼくの家 (昭和56年度)shim火の用心 心で用心 目で用心 (昭和57年度)shim点検は防火のはじまりしめくくり (昭和58年度)shim“あとで”より“いま”が大切 火の始末 (昭和59年度)shim怖いのは「消したつもり」と「消えたはず」 (昭和60年度)shim防火の大役 あなたが主役 (昭和61年度)shim消えたかな! 気になるあの火 もう一度 (昭和62年度)shimその火 その時 すぐ始末! (昭和63年度)shimおとなりに あげる安心 火の始末 (平成元年度)shimまず消そう 火への鈍感 無関心 (平成2年度)shim毎日が 火の元警報 発令中 (平成3年度)shim点検を 重ねて築く“火災ゼロ” (平成4年度)shim防火の輪 つなげて広げて なくす火事 (平成5年度)shim安心の 暮らしの中心 火の用心 (平成6年度)shim災害に 備えて日頃の 火の用心 (平成7年度)shim便利さに 慣れて忘れる 火のこわさ (平成8年度)shimつけた火は ちゃんと消すまで あなたの火 (平成9年度)

火山災害の基礎知識

1  火山についての基礎知識


(6)噴火活動(「火山 その監視と防災」気象庁より)

  噴火は、火山活動の中でもっとも激しい現象です。噴火には様々な様式があり、マグマの性質や地中の状況により各種の現象を示します。また、噴火は火山の山頂だけでなく山腹から起こることもあり、火山島などでは付近の海底で起こることもあります。

水蒸気爆発

  高圧の水蒸気が火山の表層部の古い岩などを吹き飛ばす噴火です。明治21年(1887年)7月15日の磐梯山の水蒸気爆発では山体崩壊を起こし、死者461人を出しました。
写真:昭和54年(1979年)10月28日の御嶽山の噴火。

ブルカノ式噴火

  安山岩質のマグマで良く見られる爆発的な噴火で、多量の火山灰、火山岩塊等が放出されます。噴火の間隔はストロンボリ式噴火よりも長いのが普通です。桜島や浅間山で多数起こっている爆発はこの様式です。
写真:昭和57年(1982年)6月8日の桜島の噴火。京都大学桜島火山観測所提供

ストロンボリ式噴火

  玄武岩質のマグマでよく見られる噴火で、比較的短い時間間隔(数秒〜数十分程度)で爆発し、マグマの破片等を放出します。ブルカノ式に比べると火山灰が少ないという特徴があります。伊豆大島や阿蘇山でよく見られます。
写真:昭和45年(1970年)11月19日の秋田駒ヶ岳の噴火

溶岩噴泉

  赤熱した溶岩を噴水のように放出する現象で、高さは通常数十〜数百mです。ストロンボリ式噴火より粘性の低いマグマでよく起こります。昭和58年(1983年)10月の三宅島や、昭和61年(1986年)11月の伊豆大島の割れ目噴火で見られました。
写真:昭和61年(1986年)11月21日の伊豆大島の噴火

マグマ水蒸気爆発

  マグマが地表付近や海底の浅いところまで上昇し、地下水や海水と接触すると非常に激しい爆発を起こします。昭和58年(1983年)10月3日の三宅島の噴火では割れ目火口列が海岸まで達し、海岸付近でマグマ水蒸気爆発が起き、岩塊が爆発的に放出され、付近一帯は荒涼たる風景となりました。
写真:昭和58年(1983年)10月3日の三宅島の噴火

海底噴火

  昭和27年(1952年)には小笠原諸島のベヨネース列岩(明神礁)で海底爆発があり、調査中の海上保安庁の観測船が遭難し、乗組員全員31名が殉職するという痛ましい事故がありました。平成元年(1989年)7月13日には伊豆半島東方沖で海底噴火がありました。また、平成4年(1992年)11月10日には福徳岡ノ場で海底噴火があり、近海で変色水が確認されました。
写真:昭和61年(1986年)1月21日の福徳岡ノ場の海底噴火

溶岩流

  マグマが地表を流れ下ったものを溶岩流と言います。マグマの粘性が大きいほど遅く、また厚くなります。
写真:昭和58年10月3日に三宅島阿古地区へ流出した溶岩流。

溶岩ドーム(溶岩円頂丘)

  粘性が極めて大きいマグマの場合には、遠くへ流れないでドーム状の丘になります。これを溶岩ドーム(溶岩円頂丘)と言います。
写真:平成3年5月20日以降成長を始めた雲仙岳の溶岩ドーム


戻 る