防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース
今日は何の日?
2017年11月20日(月)
過去の災害
全国統一防災標語
災害に 備えて日頃の 火の用心 (平成7年度)shim便利さに 慣れて忘れる 火のこわさ (平成8年度)shimつけた火は ちゃんと消すまで あなたの火 (平成9年度)shim気をつけて はじめはすべて 小さな火 (平成10年度)shimあぶないよ ひとりぼっちにした その火 (平成11年度)shim火をつけた あなたの責任 最後まで (平成12年度)shimたしかめて。火を消してから 次のこと (平成13年度)shim消す心 置いてください 火のそばに (平成14年度)shimその油断 火から炎へ 災いへ (平成15年度)shim火は消した? いつも心に きいてみて (平成16年度)shimあなたです 火のあるくらしの 見はり役 (平成17年度)shim消さないで あなたの心の 注意の火。 (平成18年度)shim火は見てる あなたが離れる その時を (平成19年度)shim火のしまつ 君がしなくて 誰がする (平成20年度)shim消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子 (平成21年度)shim「消したかな」 あなたを守る 合言葉 (平成22年度)shim消すまでは 出ない行かない 離れない (平成23年度)shim消したはず 決めつけないで もう一度  (平成24年度)shim消すまでは 心の警報 ONのまま (平成25年度)shimもういいかい 火を消すまでは まあだだよ (平成26年度)shim無防備な 心に火災が かくれんぼ (平成27年度)shim消しましょう その火その時 その場所で (平成28年度)shim火の用心 ことばを形に 習慣に (平成29年度)shimあなたは火事の恐ろしさを知らない (昭和43年度)shim今捨てたタバコの温度が700度 (昭和44年度)shim防火三百六十五日 (昭和45年度)shimいま燃えようとしている火がある (昭和46年度)shim慣れた火に 新たな注意 (昭和47年度)shim隣にも声かけあってよい防火 (昭和48年度)shim生活の一部にしよう火の点検 (昭和49年度)shim幸せを明日につなぐ火の始末 (昭和50年度)shim火災は人災 防ぐはあなた (昭和51年度)shim使う火を消すまで離すな目と心 (昭和52年度)shimそれぞれの持場で生かせ火の用心 (昭和53年度)shimこれくらいと思う油断を火が狙う (昭和54年度)shimあなたです! 火事を出すのも防ぐのも (昭和55年度)shim毎日が防火デーです ぼくの家 (昭和56年度)shim火の用心 心で用心 目で用心 (昭和57年度)shim点検は防火のはじまりしめくくり (昭和58年度)shim“あとで”より“いま”が大切 火の始末 (昭和59年度)shim怖いのは「消したつもり」と「消えたはず」 (昭和60年度)shim防火の大役 あなたが主役 (昭和61年度)shim消えたかな! 気になるあの火 もう一度 (昭和62年度)shimその火 その時 すぐ始末! (昭和63年度)shimおとなりに あげる安心 火の始末 (平成元年度)shimまず消そう 火への鈍感 無関心 (平成2年度)shim毎日が 火の元警報 発令中 (平成3年度)shim点検を 重ねて築く“火災ゼロ” (平成4年度)shim防火の輪 つなげて広げて なくす火事 (平成5年度)shim安心の 暮らしの中心 火の用心 (平成6年度)

5.岩山の「火の用心」

5.岩山の「火の用心」(広島県呉市)


○白い文字に託された消防組組員たちの思い
広島県呉市郷原町への道を進むと、真正面にそびえ立つのが岩山。その名の通り岩でできた山である。 町民の間では「城山」と呼ばれる町のシンボルです。その岩山の大きな岩に、ひときわ目立つ白い文字で書かれているのが「火の用心」。1939(昭和14)年ごろ、消防組組員たちの手によって誕生しました。当時は防火運動が全国的に広がりつつあり、また灰ヶ峰や近隣でも火災が多かったことから、郷原では防火意識の高揚に積極的に取り組んだのではないかといわれています。
だれもがいつでも目にする絶好の場所。本当にいい所に目をつけました。

○戦国時代の山城から砲台まで勇壮な岩山の歴史
戦国時代の岩山に、現在の東広島を前線基地として勢力を広げていた大内氏の山城がありましたが、1554年毛利元就に攻められ、城主の石見源之丞が討たれ落城してしまいました。近代史が有名な呉地方において、唯一の古戦場といえます。そのあと第二次世界大戦時には砲台が据えられました。絶壁に囲まれ周囲を見渡すことができるので、戦いの拠点に都合が良かったのでしょう。このように勇壮な歴史を持つ岩山ですが、今では郷原のシンボルとして子供たちのスケッチの対象となったり、身近な山歩きのポイントとなるなど愛される山へと変わりました。

○「火の用心」を消すな!地元青年達の決死の修復作戦
ところが、みんなに親しまれた「火の用心」の文字も長い年月には勝てず、 だんだん薄くなり、ところどころではげて、読めなくなってきました。 「このままでは郷原のシンボルが消えてしまう。」と立ちあがったのが「郷原町を考える会」でした。30代の若者を中心に「まちをもっと楽しく元気にしたい」と集った有志の会です。1987(昭和62)年2月に発足し8月2日に修復を行いました。しかしこれには6か月もの準備期間が必要でした。それは、麓からの標高差は約270メートルもあり、山頂まで1時間もかかるゴツゴツとした岩山で、文字が書かれている場所は絶壁だからです。
ロッククライミングをしながらペンキを塗るようなもので「火の用心」の文字を修復したいという気持ちは一つだが、「事故があったらどうするのか」「専門家に任せた方がいいのではないか」「いったいどうやって塗るのか」などしり込みする意見も多く聞かれました。
「会長という立場だったから、『やってやれないことはない』と強気の姿勢をとっていましたけれど、 まったく不安がなかったといえばウソになります。でも、町を活気づけるために集まった会なのだから、まずはシンボリックなことをやりたかったんです。」と会長の木原福之さんは当時を振り返ります。
専門家のアドバイスを受けながら、ロープ、安全ベルト、岩に鉄のくいをさす穴を開けるために必要な発電機など、必要なものが準備され、7月には下見に行き、作業の工程などを細かく検討されました。そして、とうとう決行の日、朝7時30分に約30名の有志が集まり、頂上を目指して登りました。現場では、ペンキを運ぶ人、塗る人など役割を分担し、緻密な計画のもと、流れ作業を開始しました。上から下まで縦18メートルもある巨大な文字ですから、下ではサポート部隊が文字のチェックをしながら、トランシーバーで現場へ指示を出します。「いいぞ、その調子」「もう少し右も塗って」。総勢50名からなる修復班は午後2時には立派に作業を完了しまし。「私たちは下書きの上を塗るだけの作業でしたけれど、最初の苦労はこんなものではなかったでしょう。 その心意気を引き継いで、郷原が住みやすい楽しい町になるようにみんなで力を合わせていきます」と木原さんは語りました。

戻る トップ 次へ