防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース
今日は何の日?
2017年11月20日(月)
過去の災害
全国統一防災標語
消すまでは 心の警報 ONのまま (平成25年度)shimもういいかい 火を消すまでは まあだだよ (平成26年度)shim無防備な 心に火災が かくれんぼ (平成27年度)shim消しましょう その火その時 その場所で (平成28年度)shim火の用心 ことばを形に 習慣に (平成29年度)shimあなたは火事の恐ろしさを知らない (昭和43年度)shim今捨てたタバコの温度が700度 (昭和44年度)shim防火三百六十五日 (昭和45年度)shimいま燃えようとしている火がある (昭和46年度)shim慣れた火に 新たな注意 (昭和47年度)shim隣にも声かけあってよい防火 (昭和48年度)shim生活の一部にしよう火の点検 (昭和49年度)shim幸せを明日につなぐ火の始末 (昭和50年度)shim火災は人災 防ぐはあなた (昭和51年度)shim使う火を消すまで離すな目と心 (昭和52年度)shimそれぞれの持場で生かせ火の用心 (昭和53年度)shimこれくらいと思う油断を火が狙う (昭和54年度)shimあなたです! 火事を出すのも防ぐのも (昭和55年度)shim毎日が防火デーです ぼくの家 (昭和56年度)shim火の用心 心で用心 目で用心 (昭和57年度)shim点検は防火のはじまりしめくくり (昭和58年度)shim“あとで”より“いま”が大切 火の始末 (昭和59年度)shim怖いのは「消したつもり」と「消えたはず」 (昭和60年度)shim防火の大役 あなたが主役 (昭和61年度)shim消えたかな! 気になるあの火 もう一度 (昭和62年度)shimその火 その時 すぐ始末! (昭和63年度)shimおとなりに あげる安心 火の始末 (平成元年度)shimまず消そう 火への鈍感 無関心 (平成2年度)shim毎日が 火の元警報 発令中 (平成3年度)shim点検を 重ねて築く“火災ゼロ” (平成4年度)shim防火の輪 つなげて広げて なくす火事 (平成5年度)shim安心の 暮らしの中心 火の用心 (平成6年度)shim災害に 備えて日頃の 火の用心 (平成7年度)shim便利さに 慣れて忘れる 火のこわさ (平成8年度)shimつけた火は ちゃんと消すまで あなたの火 (平成9年度)shim気をつけて はじめはすべて 小さな火 (平成10年度)shimあぶないよ ひとりぼっちにした その火 (平成11年度)shim火をつけた あなたの責任 最後まで (平成12年度)shimたしかめて。火を消してから 次のこと (平成13年度)shim消す心 置いてください 火のそばに (平成14年度)shimその油断 火から炎へ 災いへ (平成15年度)shim火は消した? いつも心に きいてみて (平成16年度)shimあなたです 火のあるくらしの 見はり役 (平成17年度)shim消さないで あなたの心の 注意の火。 (平成18年度)shim火は見てる あなたが離れる その時を (平成19年度)shim火のしまつ 君がしなくて 誰がする (平成20年度)shim消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子 (平成21年度)shim「消したかな」 あなたを守る 合言葉 (平成22年度)shim消すまでは 出ない行かない 離れない (平成23年度)shim消したはず 決めつけないで もう一度  (平成24年度)

3.本願寺の逆さイチョウ

3.本願寺の逆さイチョウ(京都府京都市)


昔から怖い恐ろしいものとして、地震、雷、親父と共に挙げられているのが火事。消防庁の調べでは、平成8年には、全国で62,066件、1日に約170件もの火災が起こっている計算になります。
皆さん、くれぐれも火の用心を心がけてください。
さて、京都の本願寺には国宝、重文など文化財が多いため、防災に関しては特に最新の注意が払われています。今までにも一応の設備はしてあったのですが、完全を期するため、総合防災施設の設置工事が近年行われ、防災の面からも全国でも屈指の寺院となりました。
内容は、建物全てに自動火災報知器が付けられ、京都・大徳寺などにも設置してある、高さ60mにも届く放水銃(高圧消火栓)が新たに各所に配されたほか、従来から有る消火栓も増改修、整備されました。
それでは、その昔はどうだったのでしょうか。石山合戦後、本願寺は紀伊鷺森、和泉貝塚、大塚天満と寺基を移し、結局、豊臣秀吉の寄進で天正19(1591)年、現在地に移転しました。しかし記録によると、元和3(1617)年12月20日、浴室から出火し、現代のように消防車が来るわけではないので、両堂をはじめ対面所など大部分を消失してしまいました。
さらに、天明8(1788)年1月、京都に大火が起こり、火の手は本山を襲ったのですが、阿弥陀堂門、接待所など一部を焼いただけで、再建成った現在有る両堂は危うく難を逃れました。どうしてでしょうか?
ご影堂門を入ると、横に広がる大木が目に入ります。これはイチョウなのですが、普通は天に高くそびえるのに対してまるで反対なので、古くから「逆さイチョウ」の名で親しまれています。苗木のときに逆さに植えられたから、横に広がる状態になった、という説が言われています。
イチョウには耐寒耐暑性があり、所によっては暴風、防火林として用いられています。さらには水分を多く含んでいることから、天明大火のとき、高温にさらされて一気に水を噴きだしたのです。樹齢は300年以上といわれているのを信用すれば、現在地に移った後に植えられたということでしょうが、元和のときはまだ若木のため水をだす能力がなかったのでしょう。しかし、天明のときには立派に成長していたため、水を噴いて火をくいとめ、両堂を守ったのです。
実は、そういう理由で異称「水噴きのイチョウ」として<本山七不思議>の一つに数えられてきました。まさかイチョウが勢いよく水を噴くわけないですから、あくまで伝説として古老たちは語り継いできました。おそらくは、元和の火災後、先達の苦労で再建された文化財であるこの両堂を災害から守り、後世の人に真実のみ教えと共に伝えていくことの必要性を、このイチョウを借りて古老は言いたかったのではないでしょうか。
ちなみにこのイチョウ、樹勢の衰えが目立つようになったため、平成6年、樹木医によって治療を受け、再び正気を取り戻して、参拝者の目を楽しませてくれています。
出展:亀川正史「本願寺のおもしろ散歩」本願寺出版社 1991

戻る トップ 次へ