防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース
今日は何の日?
2017年11月20日(月)
過去の災害
全国統一防災標語
消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子 (平成21年度)shim「消したかな」 あなたを守る 合言葉 (平成22年度)shim消すまでは 出ない行かない 離れない (平成23年度)shim消したはず 決めつけないで もう一度  (平成24年度)shim消すまでは 心の警報 ONのまま (平成25年度)shimもういいかい 火を消すまでは まあだだよ (平成26年度)shim無防備な 心に火災が かくれんぼ (平成27年度)shim消しましょう その火その時 その場所で (平成28年度)shim火の用心 ことばを形に 習慣に (平成29年度)shimあなたは火事の恐ろしさを知らない (昭和43年度)shim今捨てたタバコの温度が700度 (昭和44年度)shim防火三百六十五日 (昭和45年度)shimいま燃えようとしている火がある (昭和46年度)shim慣れた火に 新たな注意 (昭和47年度)shim隣にも声かけあってよい防火 (昭和48年度)shim生活の一部にしよう火の点検 (昭和49年度)shim幸せを明日につなぐ火の始末 (昭和50年度)shim火災は人災 防ぐはあなた (昭和51年度)shim使う火を消すまで離すな目と心 (昭和52年度)shimそれぞれの持場で生かせ火の用心 (昭和53年度)shimこれくらいと思う油断を火が狙う (昭和54年度)shimあなたです! 火事を出すのも防ぐのも (昭和55年度)shim毎日が防火デーです ぼくの家 (昭和56年度)shim火の用心 心で用心 目で用心 (昭和57年度)shim点検は防火のはじまりしめくくり (昭和58年度)shim“あとで”より“いま”が大切 火の始末 (昭和59年度)shim怖いのは「消したつもり」と「消えたはず」 (昭和60年度)shim防火の大役 あなたが主役 (昭和61年度)shim消えたかな! 気になるあの火 もう一度 (昭和62年度)shimその火 その時 すぐ始末! (昭和63年度)shimおとなりに あげる安心 火の始末 (平成元年度)shimまず消そう 火への鈍感 無関心 (平成2年度)shim毎日が 火の元警報 発令中 (平成3年度)shim点検を 重ねて築く“火災ゼロ” (平成4年度)shim防火の輪 つなげて広げて なくす火事 (平成5年度)shim安心の 暮らしの中心 火の用心 (平成6年度)shim災害に 備えて日頃の 火の用心 (平成7年度)shim便利さに 慣れて忘れる 火のこわさ (平成8年度)shimつけた火は ちゃんと消すまで あなたの火 (平成9年度)shim気をつけて はじめはすべて 小さな火 (平成10年度)shimあぶないよ ひとりぼっちにした その火 (平成11年度)shim火をつけた あなたの責任 最後まで (平成12年度)shimたしかめて。火を消してから 次のこと (平成13年度)shim消す心 置いてください 火のそばに (平成14年度)shimその油断 火から炎へ 災いへ (平成15年度)shim火は消した? いつも心に きいてみて (平成16年度)shimあなたです 火のあるくらしの 見はり役 (平成17年度)shim消さないで あなたの心の 注意の火。 (平成18年度)shim火は見てる あなたが離れる その時を (平成19年度)shim火のしまつ 君がしなくて 誰がする (平成20年度)

第6回掲載分:足踏み式消火ポンプ(宮崎県高城町)

馬引き蒸気ポンプ(岩手県両磐地区消防組合)足踏み式消火ポンプ(宮崎県高城町)

足踏み式消火ポンプ(宮崎県高城町)

 
足踏式消火器   旧家に残されている
明治時代の自衛消火器
「竜吐水(りゅうどすい)」
有水後向 永吉將暉家蔵

  足踏み式消火ポンプ(郷土資料館)

この足踏式ポンプは、昭和初期に、消防団用としても活躍したが、一般家庭用として普及したポンプです。

   消防団で、これを消防ポンプとして備えたのは、本町では四家消防団でした。しかも、これまでのように消防器具庫での保管ではなく、団員が各家庭で保管していて、火災に備えるという方式で、火災への即応態勢をとったのです。

   これよりさきの明治、大正時代の消防ポンプは、大きなつぶろのある腕用ポンプで、十四、五人が前後の横棒をつかみ、ポンプに乗った小頭の拍子に合わせて「えいさ、えいさ」と掛声勇ましく突いて放水し、消火に当っていました。この腕用ポンプ時代が長く続きました。

   高城にガソリンポンプが入ったのは、昭和三年(一九二八)の町区が初めてでした。それから十年後の昭和十三年(一九三八)大井手にも導入されました。しかし他はまだ以前と変らぬ手押しの腕用ポンプでしたが、やがて有水、石山地区等にも導入されました。しかし、なにしろ重い機械である上に手引きであり、加うるに道路はガタガタの砂利道で、エンジンはたまにしか使わないこともあって、始動させるのにも苦労するという欠点がありました。

   このような時に、四家の消防団はこの足踏式消火器を採用したのです。火災は初期消火が第一です。「火事」と聞きつけると直ちに自転車の後に積んで現場に駆けつける。一台、二台、三台と追加される毎に威力も加わり、初期消化に成功していました。

   こうした実績から、町内多くの家庭に備えられ、消化活動に役立った歴史を持つポンプです。

出展: 宮崎県北諸県郡高城町ホームページ
「町の紹介 温故知新バックナンバー」より
  http://www.town-takajo.jp