防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース
今日は何の日?
2017年11月20日(月)
過去の災害
全国統一防災標語
無防備な 心に火災が かくれんぼ (平成27年度)shim消しましょう その火その時 その場所で (平成28年度)shim火の用心 ことばを形に 習慣に (平成29年度)shimあなたは火事の恐ろしさを知らない (昭和43年度)shim今捨てたタバコの温度が700度 (昭和44年度)shim防火三百六十五日 (昭和45年度)shimいま燃えようとしている火がある (昭和46年度)shim慣れた火に 新たな注意 (昭和47年度)shim隣にも声かけあってよい防火 (昭和48年度)shim生活の一部にしよう火の点検 (昭和49年度)shim幸せを明日につなぐ火の始末 (昭和50年度)shim火災は人災 防ぐはあなた (昭和51年度)shim使う火を消すまで離すな目と心 (昭和52年度)shimそれぞれの持場で生かせ火の用心 (昭和53年度)shimこれくらいと思う油断を火が狙う (昭和54年度)shimあなたです! 火事を出すのも防ぐのも (昭和55年度)shim毎日が防火デーです ぼくの家 (昭和56年度)shim火の用心 心で用心 目で用心 (昭和57年度)shim点検は防火のはじまりしめくくり (昭和58年度)shim“あとで”より“いま”が大切 火の始末 (昭和59年度)shim怖いのは「消したつもり」と「消えたはず」 (昭和60年度)shim防火の大役 あなたが主役 (昭和61年度)shim消えたかな! 気になるあの火 もう一度 (昭和62年度)shimその火 その時 すぐ始末! (昭和63年度)shimおとなりに あげる安心 火の始末 (平成元年度)shimまず消そう 火への鈍感 無関心 (平成2年度)shim毎日が 火の元警報 発令中 (平成3年度)shim点検を 重ねて築く“火災ゼロ” (平成4年度)shim防火の輪 つなげて広げて なくす火事 (平成5年度)shim安心の 暮らしの中心 火の用心 (平成6年度)shim災害に 備えて日頃の 火の用心 (平成7年度)shim便利さに 慣れて忘れる 火のこわさ (平成8年度)shimつけた火は ちゃんと消すまで あなたの火 (平成9年度)shim気をつけて はじめはすべて 小さな火 (平成10年度)shimあぶないよ ひとりぼっちにした その火 (平成11年度)shim火をつけた あなたの責任 最後まで (平成12年度)shimたしかめて。火を消してから 次のこと (平成13年度)shim消す心 置いてください 火のそばに (平成14年度)shimその油断 火から炎へ 災いへ (平成15年度)shim火は消した? いつも心に きいてみて (平成16年度)shimあなたです 火のあるくらしの 見はり役 (平成17年度)shim消さないで あなたの心の 注意の火。 (平成18年度)shim火は見てる あなたが離れる その時を (平成19年度)shim火のしまつ 君がしなくて 誰がする (平成20年度)shim消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子 (平成21年度)shim「消したかな」 あなたを守る 合言葉 (平成22年度)shim消すまでは 出ない行かない 離れない (平成23年度)shim消したはず 決めつけないで もう一度  (平成24年度)shim消すまでは 心の警報 ONのまま (平成25年度)shimもういいかい 火を消すまでは まあだだよ (平成26年度)

火の見櫓と町並みと

神戸市消防局に勤務した橋田治氏が、日本全国を訪ね歩いて、「火の見櫓」と「町並み」について描いた画集です。

ごあいさつ

  平成8年3月、約40年お世話になった神戸市消防局の定年退職を控えて、人生の節目に何かを残したく、“火の見櫓と町並みと”と題する画集を発刊しました。
  私が火の見櫓や町並にこだわるのは、職業意識によるものです。昔乍らの町並には文化の伝承があり、その町並を守って来たのが消防で、その消防のシンボルが火の見櫓なのです。だから火の見櫓と町並みは切っても切れない関係にあり、消防は文化の伝承の一端を担って来たと云ういささかの自負心があるのです。
  そんな思いから、全く絵の基本も知らないまま、本にしようとした矢先、あの忌しい阪神大震災、怖るべき自然の猛威の前に為すすべもなく神戸の町は地獄の如き様相に一変し、この惨状を前にしてそんな自負心も悪魔の一撃で粉砕されました。今は只、多くの犠牲者の御冥福と安全で美しい街の再生を祈るのみでした。
  あれから7年以上が経過し、神戸の街も力強く復興しています。そんな折、バーチャル・ミュージアムに画集を掲載させてほしいとの申し出があり、それを受けることにしました。画集同様多くの人に御覧いただければ大変ありがたいと思います。
平成14年10月   橋田 治
橋田 治 氏 略歴
昭和10年 (1935) 神戸市に生れる
昭和30年 (1955) 姫路市立姫路高等学校卒業
昭和31年 (1956) 神戸市消防士拝命
昭和63年 (1988) 危険物保安課長
平成3年 (1991) 消防学校長
平成6年 (1994) 長田消防署長
平成7年 (1995) 東灘消防署長

昭和60年 (1985) 個展「みほとけ」書廊蘖で開催

目次

第1回掲載分 (1) 異国情緒 函館 (北海道)
(2) 錦を着た『屯所』 弘前 (青森)
(3) ビルの谷間の『番屋』 盛岡 (岩手)
(4) 海辺の半鐘 下浜 (秋田)
(5) 『おしん』の舞台 酒田 (山形)
第2回掲載分 (6) 宿場の番人 大内宿 (福島)
(7) 蔵の町 川越 (埼玉)
(8) 時を告げるサイレン 相川 (新潟)
(9) 合掌の里 五箇山 (富山)
(10) 表札に支干(えと) 井波 (富山)
第3回掲載分 (11) おわら風の盆 越中八尾 (富山)
(12) 雨上りの三方五湖 三方 (福井)
(13) 思案橋と遊郭 三国 (福井)
(14) 鳥の声に誘われて 上中町 (福井)
(15) 火乃要鎮 妻篭 (長野)
第4回掲載分 (16) 清流の町 郡上八幡 (岐阜)
(17) 青い朝顔 飛騨高山 (岐阜)
(18) 『絞り』の町 有松 (愛知)
(19) 江戸の面影の残す町 (三重)
(20) 行雲流水 近衛八幡 (滋賀)
第5回掲載分 (21) 雲が湧く 舞鶴 (京都)
(22) 早春、妙見山麓 吉川 (大阪)
(23) 無動寺への道 神戸 (兵庫)
(24) 激震襲来 神戸 (兵庫)
(25) 『灯台』? 明石 (兵庫)
第6回掲載分 (26) 秋風受けて 室津 (兵庫)
(27) 冒険家の故郷 日高 (兵庫)
(28) 白壁に影落とす 山南 (兵庫)
(29) デカンショの町 篠山 (兵庫)
(30) 川座敷 平福 (兵庫)
第7回掲載分 (31) 時が佇ずむ 桜井 (奈良)
(32) 旧伊勢街道 榛原 (奈良)
(33) 駒繋ぎ 今井 (奈良)
(34) 紀州塗器の里 黒江 (和歌山)
(35) 白壁の町 倉敷 (岡山)
第8回掲載分 (36) 旧出雲街道 津山 (岡山)
(37) 橋脚の町 下津井 (岡山)
(38) 『うだつ』を上げた (徳島)
(39) 犬の目線 柳川 (福岡)
(40) カラフル朝市 呼子 (佐賀)
(41) 忍返しにナマコ壁 臼杵 (大分)