防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース
今日は何の日?
2017年11月20日(月)
過去の災害
全国統一防災標語
幸せを明日につなぐ火の始末 (昭和50年度)shim火災は人災 防ぐはあなた (昭和51年度)shim使う火を消すまで離すな目と心 (昭和52年度)shimそれぞれの持場で生かせ火の用心 (昭和53年度)shimこれくらいと思う油断を火が狙う (昭和54年度)shimあなたです! 火事を出すのも防ぐのも (昭和55年度)shim毎日が防火デーです ぼくの家 (昭和56年度)shim火の用心 心で用心 目で用心 (昭和57年度)shim点検は防火のはじまりしめくくり (昭和58年度)shim“あとで”より“いま”が大切 火の始末 (昭和59年度)shim怖いのは「消したつもり」と「消えたはず」 (昭和60年度)shim防火の大役 あなたが主役 (昭和61年度)shim消えたかな! 気になるあの火 もう一度 (昭和62年度)shimその火 その時 すぐ始末! (昭和63年度)shimおとなりに あげる安心 火の始末 (平成元年度)shimまず消そう 火への鈍感 無関心 (平成2年度)shim毎日が 火の元警報 発令中 (平成3年度)shim点検を 重ねて築く“火災ゼロ” (平成4年度)shim防火の輪 つなげて広げて なくす火事 (平成5年度)shim安心の 暮らしの中心 火の用心 (平成6年度)shim災害に 備えて日頃の 火の用心 (平成7年度)shim便利さに 慣れて忘れる 火のこわさ (平成8年度)shimつけた火は ちゃんと消すまで あなたの火 (平成9年度)shim気をつけて はじめはすべて 小さな火 (平成10年度)shimあぶないよ ひとりぼっちにした その火 (平成11年度)shim火をつけた あなたの責任 最後まで (平成12年度)shimたしかめて。火を消してから 次のこと (平成13年度)shim消す心 置いてください 火のそばに (平成14年度)shimその油断 火から炎へ 災いへ (平成15年度)shim火は消した? いつも心に きいてみて (平成16年度)shimあなたです 火のあるくらしの 見はり役 (平成17年度)shim消さないで あなたの心の 注意の火。 (平成18年度)shim火は見てる あなたが離れる その時を (平成19年度)shim火のしまつ 君がしなくて 誰がする (平成20年度)shim消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子 (平成21年度)shim「消したかな」 あなたを守る 合言葉 (平成22年度)shim消すまでは 出ない行かない 離れない (平成23年度)shim消したはず 決めつけないで もう一度  (平成24年度)shim消すまでは 心の警報 ONのまま (平成25年度)shimもういいかい 火を消すまでは まあだだよ (平成26年度)shim無防備な 心に火災が かくれんぼ (平成27年度)shim消しましょう その火その時 その場所で (平成28年度)shim火の用心 ことばを形に 習慣に (平成29年度)shimあなたは火事の恐ろしさを知らない (昭和43年度)shim今捨てたタバコの温度が700度 (昭和44年度)shim防火三百六十五日 (昭和45年度)shimいま燃えようとしている火がある (昭和46年度)shim慣れた火に 新たな注意 (昭和47年度)shim隣にも声かけあってよい防火 (昭和48年度)shim生活の一部にしよう火の点検 (昭和49年度)

関東大震災を描いた絵

(1)九月一日 (2)恐ろしい一夜 (3)本所被服廠跡 (4)立ちのぼる煙 (5)白骨の山

関東大震災の惨禍(大正むさしあぶみと震災絵はがきに見る惨禍)

(一)九月一日



  私は、あほむけになつて新聞をよんでゐた。正しい記録からいふと午前十一時五十八分、寝てゐる背中を三四回、グングンとこづかれるやうな感じがすると同時に、家はゆらゆらとゆれだした。たゞでさえ地震ぎらいな私は、いきなり玄関の処の広場へはだしのままで飛び出して、早く来い早く来いと家のものを呼びながら四方を見ると、ゴーツといふ恐ろしいうなりと木造の家がミシミシとゆすぶられる音と、瓦の飛び散るひゞきとが、耳を聾せんばかりであつたが、心の中では大変は来やしない、ただの地震の大きいのだ、我が一生に大変なんてあるもんかとはかなくもきめて居た。二人の子供を連れて、家内のものが二人、女中が一人飛びだして来て、一同そろつて木の幹につかまると、再び恐ろしいゆれが来て、私共は、はづみを食つてふりまされるやうな心持がした。
  しばらくして、私は、すぐ前のお医者様の広場へ逃げた、一同もそこへ来た。余震は猶あとからあとから来た。ゆすれる度に、近所の家の男女は、ナムアミダブツナムアミダブツと一斉に念じた。六ツになる男の子は、「母さんもうこれからいゝ子になります!」といつた-すーッと涼しい風が吹いて、少し心が静まると、もう家の事が気になつた。あゝ簡易生活にがぎると私は思つた。
  しばらくすると、東の方の青空にかつて見ない見異様の入道雲がもくもくとわき出した。南の方にもあらはれた。人々は、これが三原山の噴火であるといひ出したが見当がちがふといへば南のが本当で、東のは別のものだといふ。高架線の線路に上ると、市内各所に黒煙が見えたが、これがこうした悲惨事を生むとは全く考へだにしなかつた。私がこんな事を考へて居る間に、震災のはげしかつた市中では、幾多の人々の命が失はれ、黄金に代へられない芸術品が焼かれて、人々は、命を限りに逃げまどつて居たのである。


戻 る