防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース
今日は何の日?
2017年10月23日(月)
過去の災害
全国統一防災標語
点検は防火のはじまりしめくくり (昭和58年度)shim“あとで”より“いま”が大切 火の始末 (昭和59年度)shim怖いのは「消したつもり」と「消えたはず」 (昭和60年度)shim防火の大役 あなたが主役 (昭和61年度)shim消えたかな! 気になるあの火 もう一度 (昭和62年度)shimその火 その時 すぐ始末! (昭和63年度)shimおとなりに あげる安心 火の始末 (平成元年度)shimまず消そう 火への鈍感 無関心 (平成2年度)shim毎日が 火の元警報 発令中 (平成3年度)shim点検を 重ねて築く“火災ゼロ” (平成4年度)shim防火の輪 つなげて広げて なくす火事 (平成5年度)shim安心の 暮らしの中心 火の用心 (平成6年度)shim災害に 備えて日頃の 火の用心 (平成7年度)shim便利さに 慣れて忘れる 火のこわさ (平成8年度)shimつけた火は ちゃんと消すまで あなたの火 (平成9年度)shim気をつけて はじめはすべて 小さな火 (平成10年度)shimあぶないよ ひとりぼっちにした その火 (平成11年度)shim火をつけた あなたの責任 最後まで (平成12年度)shimたしかめて。火を消してから 次のこと (平成13年度)shim消す心 置いてください 火のそばに (平成14年度)shimその油断 火から炎へ 災いへ (平成15年度)shim火は消した? いつも心に きいてみて (平成16年度)shimあなたです 火のあるくらしの 見はり役 (平成17年度)shim消さないで あなたの心の 注意の火。 (平成18年度)shim火は見てる あなたが離れる その時を (平成19年度)shim火のしまつ 君がしなくて 誰がする (平成20年度)shim消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子 (平成21年度)shim「消したかな」 あなたを守る 合言葉 (平成22年度)shim消すまでは 出ない行かない 離れない (平成23年度)shim消したはず 決めつけないで もう一度  (平成24年度)shim消すまでは 心の警報 ONのまま (平成25年度)shimもういいかい 火を消すまでは まあだだよ (平成26年度)shim無防備な 心に火災が かくれんぼ (平成27年度)shim消しましょう その火その時 その場所で (平成28年度)shim火の用心 ことばを形に 習慣に (平成29年度)shimあなたは火事の恐ろしさを知らない (昭和43年度)shim今捨てたタバコの温度が700度 (昭和44年度)shim防火三百六十五日 (昭和45年度)shimいま燃えようとしている火がある (昭和46年度)shim慣れた火に 新たな注意 (昭和47年度)shim隣にも声かけあってよい防火 (昭和48年度)shim生活の一部にしよう火の点検 (昭和49年度)shim幸せを明日につなぐ火の始末 (昭和50年度)shim火災は人災 防ぐはあなた (昭和51年度)shim使う火を消すまで離すな目と心 (昭和52年度)shimそれぞれの持場で生かせ火の用心 (昭和53年度)shimこれくらいと思う油断を火が狙う (昭和54年度)shimあなたです! 火事を出すのも防ぐのも (昭和55年度)shim毎日が防火デーです ぼくの家 (昭和56年度)shim火の用心 心で用心 目で用心 (昭和57年度)

群馬県防災航空隊

群馬県防災航空隊


1.航空隊のプロフィール
群馬県防災航空隊は平成9年1月1日に発足、県内11消防本部から派遣されている8名の消防職員と、民間航空会社から派遣されている6名の運航職員の総勢14名の隊員で構成されています。
活動実績については、これまで261件(平成13年11月30日現在)の緊急運航に出動しており、年々増加の傾向にあります。この中で平成10年8月に、栃木県を襲った集中豪雨による応援出動では、孤立した要救助者8名を救助した功績により、消防庁長官表彰を受賞しました。
また、平成12年8月、県北部水上町湯桧曽川で発生した鉄砲水災害では、巻き込まれたスポーツ少年団の大人子供あわせて9名を救助しており、こうした何時何処で発生するかわからない災害に迅速かつ的確に対応するため日頃から訓練に励んでいます。



2.航空隊所属のヘリコプターについて
機種名 ベル式412EP型ヘリコプター
愛称 「はるな」
機体番号 JA=日本国籍の航空機を表す 200=200万県民 G=群馬県(GUNMA)
生産国 アメリカ合衆国:ベル・ヘリコプター・テキストロン社製
大きさ 全長17.1m、機体幅2.8m、全高4.6m
価格 約7億円(救助用各種装備品の価格含む)
定員 15名(操縦席も含む)
有効搭載量 2.3トン
最高巡航速度 時速243km(新幹線と同じくらいの速さ)
航続距離 783km(前橋市から広島市ぐらいまで)
限界高度 6,096m(飛行中の最高高度)
ホバリング限界 4,206m(空中停止の最高高度)
燃料タンク・燃費 約1,250リットル・約400リットル/時
特徴 他の中型防災機に比ベドア有効開口部及び、キャビン内のスペースが広いため、救出活動時要救助者の機内収容が容易であり、また、ホバリング性能に優れているため山岳部での気象条件の変化しやすいところでの活動が可能である。
主な装備品
活動内容 使用する装備品 装備の内容
人命救助 ホイスト装置 空中から地上へ50m以上ワイヤーロープをのばし、けが人などをヘリまで引き上げる特殊電気モーター装置
林野火災 ドロップタンク 1.3トンの水を吸い上げ、空中からまくことが出来る消火用タンク 消火バケット 空中から水をまくための大型バケツ
地上降下 リペリング・バー 隊員が地上へ降りるためのロープを固定する装置、同時に4名の隊員が降下可能
避難誘導 機外拡声器 大型拡声器で地上に音声を送る
夜間の活動 サーチライト 大型ライトで1km先の地上を照らす
災害時の物資搬送 カーゴフック 空中で荷物を吊り下げるため機体の下側にあるフック
救急搬送 救急医療用ベット 診察装置付のベット