防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース
今日は何の日?
2017年10月19日(木)
過去の災害
全国統一防災標語
あなたです 火のあるくらしの 見はり役 (平成17年度)shim消さないで あなたの心の 注意の火。 (平成18年度)shim火は見てる あなたが離れる その時を (平成19年度)shim火のしまつ 君がしなくて 誰がする (平成20年度)shim消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子 (平成21年度)shim「消したかな」 あなたを守る 合言葉 (平成22年度)shim消すまでは 出ない行かない 離れない (平成23年度)shim消したはず 決めつけないで もう一度  (平成24年度)shim消すまでは 心の警報 ONのまま (平成25年度)shimもういいかい 火を消すまでは まあだだよ (平成26年度)shim無防備な 心に火災が かくれんぼ (平成27年度)shim消しましょう その火その時 その場所で (平成28年度)shim火の用心 ことばを形に 習慣に (平成29年度)shimあなたは火事の恐ろしさを知らない (昭和43年度)shim今捨てたタバコの温度が700度 (昭和44年度)shim防火三百六十五日 (昭和45年度)shimいま燃えようとしている火がある (昭和46年度)shim慣れた火に 新たな注意 (昭和47年度)shim隣にも声かけあってよい防火 (昭和48年度)shim生活の一部にしよう火の点検 (昭和49年度)shim幸せを明日につなぐ火の始末 (昭和50年度)shim火災は人災 防ぐはあなた (昭和51年度)shim使う火を消すまで離すな目と心 (昭和52年度)shimそれぞれの持場で生かせ火の用心 (昭和53年度)shimこれくらいと思う油断を火が狙う (昭和54年度)shimあなたです! 火事を出すのも防ぐのも (昭和55年度)shim毎日が防火デーです ぼくの家 (昭和56年度)shim火の用心 心で用心 目で用心 (昭和57年度)shim点検は防火のはじまりしめくくり (昭和58年度)shim“あとで”より“いま”が大切 火の始末 (昭和59年度)shim怖いのは「消したつもり」と「消えたはず」 (昭和60年度)shim防火の大役 あなたが主役 (昭和61年度)shim消えたかな! 気になるあの火 もう一度 (昭和62年度)shimその火 その時 すぐ始末! (昭和63年度)shimおとなりに あげる安心 火の始末 (平成元年度)shimまず消そう 火への鈍感 無関心 (平成2年度)shim毎日が 火の元警報 発令中 (平成3年度)shim点検を 重ねて築く“火災ゼロ” (平成4年度)shim防火の輪 つなげて広げて なくす火事 (平成5年度)shim安心の 暮らしの中心 火の用心 (平成6年度)shim災害に 備えて日頃の 火の用心 (平成7年度)shim便利さに 慣れて忘れる 火のこわさ (平成8年度)shimつけた火は ちゃんと消すまで あなたの火 (平成9年度)shim気をつけて はじめはすべて 小さな火 (平成10年度)shimあぶないよ ひとりぼっちにした その火 (平成11年度)shim火をつけた あなたの責任 最後まで (平成12年度)shimたしかめて。火を消してから 次のこと (平成13年度)shim消す心 置いてください 火のそばに (平成14年度)shimその油断 火から炎へ 災いへ (平成15年度)shim火は消した? いつも心に きいてみて (平成16年度)

鳶頭政五郎覚書

鳶頭政五郎覚書

6. 階子乗り
(1) (2) (3) (4)

(2) 階子のかつぎ方
  火事場道具として竹の階子を使ったのは、空洞だから長さの割には軽く、丈夫で、持ち運ぶのに都合がよかったんだろうけど、現在の3間半の竹の階子でさえ、今の若い者が1人でかついで走るのは、なかなかむずかしい。昔は、それにもう1間長かったわけだから、やはり昔の人のほうが力があったということになる。
  階子の管理は、各組合の道具持のなかの階子持が担当するわけで、階子をかつぐのもその者たちと決められていて、1人がかつぎ、もう1人が後ろの端を持って、2人掛かりで運んで行く。2人で階子の両端をかつぐんじゃなくて、1人は補佐役として後ろで助けてやる。そして、疲れたところで別の者に交代となる。
  当然かつぎ方ってのがあって、まず地面に対して片仮名のイの字の形になるように、前方を上げてかつぐ。前の方が上がって、後の方が下がり、かついでいる自分がイの字の縦棒になるような形でかつぐ。階子の角度は地面から30度くらいが一番安定していて、バランスをとりながら走っていく。

  階子をかつぐ要領は、かならず階子の甲の付いている側が自分の頭側にくるようにして、甲をほっぺたにぴしっと押さえるようにして、腕で階子を自分の顔に押しつける。右肩でも左肩でもその階子持の効き肩でいいわけだけど、顔・頭をうまく使わないとちゃんとかつげない。だから、手拭い鉢巻をきちんとしないと、顔の横面の皮がすりむけてしまうなんてこともある。
  階子の手代わりといって、交代しなきゃならないときの階子の操作が2つある。どうして2つかというと、次の代わり手の効き肩によって、どちらかに決まってくる。
  1つは、相手が自分と逆肩の場合で、たとえば右肩にかついでいる階子持から相手の左肩へ移すやり方。右肩でかついでいる階子を、交代のときに自分の右肩上で1回転して相手の左肩へかつがせる。階子もってる者の階子側に次の者が併走して、肩からそのままひっくり返して、うたて返しする要領で相手の左肩へ移してやる。うたて返しをしないと、甲が相手の顔側にいかないことになる。
  もう1つは“山越し”といって、効き肩がおなじ場合で、自分の右肩から相手の右肩に移すやり方。交代の階子持が前の階子持の後ろの左寄りで併走し、階子を頭越えに山越して左に移し、そこに次の階子持の右肩があることになる形。人間の頭が邪魔になるんで、それを山越しして、相手に渡す。このように、自分の肩で1回転させて相手に渡すのと、頭越えに渡すのとの2種類のやり方があって、そのどちらを選ぶかは次の階子持の効き肩によって決まることになる。
  階子が出動する場合には、兄・弟(あにおと)じゃないけど、かつぎ手と後ろで操作する者が2人いて、2人1組で駆ける。明治このかた、1つの組に階子持は4人いるから、こういった一連の動作を、階子を軽く叩いて合図を出して、かつ走りながら、4人でとっかえひっかえでもって火災現場に行った。

火消千組の図
一勇斎国芳が描いた『火消千組の図』
千組一同が階子をかつぎ纏を振って火事場に向かっている。(千葉県指定有形民俗文化財)


  それからまた、階子をかついで走るときの、階子持の半纏の着方がある。普通半纏は臍(へそ)下で帯を締めるけど、それは正装の場合でもって、階子持としての仕事のときは、上三尺といって、帯を胸高に結わくことになる。ちょうど鳩尾(みぞおち)あたりのところへ帯を締める。それで、半纏の前身頃(まえみごろ)の裾をめくって、上三尺に返してはさむ。そうすると裾が上がって、半纏が邪魔にならなくなって走りやすくなる。
  纏持なんかもそうなんだけれども、やっぱり全部上三尺が作業中の正式な着方。普通の腰下のところへ結わえたら、纏や階子もって走れない。ただ、火事の屋根に上って纏をもっている纏持が着ている刺子半纏は、膝下5寸くらいまである長い半纏で、火の粉がかからないような防護服になっている。纏持は刺子半纏を着て、頭っから水をかぶってから屋根にのぼっていって、纏を立てたわけだ。

町火消、火事場に赴くの図
町火消、火事場に赴くの図  風俗画報  江戸の華より

  15年ぐらい前にイギリスヘ行ったとき、バーバリーの店で、
「レインコートください」
と言ったら、私の体のサイズをちゃんと測って、この刺子半纏とおなじように、膝下5寸くらいまで裾がある長いコート持ってきたんで、
「こんなもの、長すぎて着て歩けないよ」
って言ったら、
「これが、あなたの身長のレインコートだ」
っていうんだね。我われ日本では、せいぜい膝くらいまでのコートというのが常識で、これではまるで、コートが歩いているような感じになってしまう。イギリスでは、レインコートはこの長さが正式なんだそうだ。本当に実質的な雨避けコートなんだね。
「レインコートでしょう?これでいいんだ。膝までではだめだ。レインコートじゃない」
  これのほうが正しいんだろうね。纏持の刺子半纏はまさにその長さになっている。
  それで、纏をもって、階子をかついで火事現場に着いてからどうするかというと、まず階子を掛けることになる。その際、家は燃えているわけだから、窓のない所とか戸袋の所を選んで屋根に掛ける。そうしないと、炎の吹き出しに遇うおそれがある。その階子を2人の階子持がのぼり、1人は上で階子をおさえ、1人は瓦を枯らして(割って)いく。次に纏持がのぼり、後から纏をかついでのぼってきた道具持から屋根上で纏を受けとって、風上の所で構えて初纏となる。

江戸町火消関係資料8  昼目印  夜目印高張
夜目印高張
「江戸町火消合印控」より