防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース
今日は何の日?
2017年12月13日(水)
過去の災害
全国統一防災標語
いま燃えようとしている火がある (昭和46年度)shim慣れた火に 新たな注意 (昭和47年度)shim隣にも声かけあってよい防火 (昭和48年度)shim生活の一部にしよう火の点検 (昭和49年度)shim幸せを明日につなぐ火の始末 (昭和50年度)shim火災は人災 防ぐはあなた (昭和51年度)shim使う火を消すまで離すな目と心 (昭和52年度)shimそれぞれの持場で生かせ火の用心 (昭和53年度)shimこれくらいと思う油断を火が狙う (昭和54年度)shimあなたです! 火事を出すのも防ぐのも (昭和55年度)shim毎日が防火デーです ぼくの家 (昭和56年度)shim火の用心 心で用心 目で用心 (昭和57年度)shim点検は防火のはじまりしめくくり (昭和58年度)shim“あとで”より“いま”が大切 火の始末 (昭和59年度)shim怖いのは「消したつもり」と「消えたはず」 (昭和60年度)shim防火の大役 あなたが主役 (昭和61年度)shim消えたかな! 気になるあの火 もう一度 (昭和62年度)shimその火 その時 すぐ始末! (昭和63年度)shimおとなりに あげる安心 火の始末 (平成元年度)shimまず消そう 火への鈍感 無関心 (平成2年度)shim毎日が 火の元警報 発令中 (平成3年度)shim点検を 重ねて築く“火災ゼロ” (平成4年度)shim防火の輪 つなげて広げて なくす火事 (平成5年度)shim安心の 暮らしの中心 火の用心 (平成6年度)shim災害に 備えて日頃の 火の用心 (平成7年度)shim便利さに 慣れて忘れる 火のこわさ (平成8年度)shimつけた火は ちゃんと消すまで あなたの火 (平成9年度)shim気をつけて はじめはすべて 小さな火 (平成10年度)shimあぶないよ ひとりぼっちにした その火 (平成11年度)shim火をつけた あなたの責任 最後まで (平成12年度)shimたしかめて。火を消してから 次のこと (平成13年度)shim消す心 置いてください 火のそばに (平成14年度)shimその油断 火から炎へ 災いへ (平成15年度)shim火は消した? いつも心に きいてみて (平成16年度)shimあなたです 火のあるくらしの 見はり役 (平成17年度)shim消さないで あなたの心の 注意の火。 (平成18年度)shim火は見てる あなたが離れる その時を (平成19年度)shim火のしまつ 君がしなくて 誰がする (平成20年度)shim消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子 (平成21年度)shim「消したかな」 あなたを守る 合言葉 (平成22年度)shim消すまでは 出ない行かない 離れない (平成23年度)shim消したはず 決めつけないで もう一度  (平成24年度)shim消すまでは 心の警報 ONのまま (平成25年度)shimもういいかい 火を消すまでは まあだだよ (平成26年度)shim無防備な 心に火災が かくれんぼ (平成27年度)shim消しましょう その火その時 その場所で (平成28年度)shim火の用心 ことばを形に 習慣に (平成29年度)shimあなたは火事の恐ろしさを知らない (昭和43年度)shim今捨てたタバコの温度が700度 (昭和44年度)shim防火三百六十五日 (昭和45年度)

鳶頭政五郎覚書

鳶頭政五郎覚書

4.半纏
(1) (2) (3) (4)

(4)木綿で決まる火消半纏
半纏というのは、柔らかい絹物もあるけれど、木綿の半纏が一番絵になると私は思っている。そのなかでも栃木県の真岡(もおか)の木綿が一番の上物とされている。生地が細かくて、染め上がりがきれいで、仕立上がりがきちっと決まる。絹物は、上品だけれども突っ張りがないから形が崩れてしまう。柔らかい物ほど、着こなしはむずかしい。
昔は分相応の物ってのがあって、それなりの位置にくればこれっていうのがあったもんだけど、今じや6畳1間のアパートに住んでいても、車に乗っている時代になってしまった。我われの世界が特殊なんだろうけど、今でも若い衆は絹物は着られない、木綿に決められている。若い者は働き手だから、絹物でもって階子なんかかついだら、一発で半纏だめになっちゃうということもあるけど、仕事以外のところでも木綿に決められている。袖口の仕立ても、頭取の半纏は袖が尺あきになっていて、若いのは8寸の筒袖でつくってある。細くすることで仕事がしやすいようにしているわけだ。
ところが、結局は木綿の半纏のほうが、経済的には高くつく。絹ものは、やっぱし物がいいから大事に着るから長くもっちゃう。もちろん、新調するときは木綿よりも3倍くらいは高いだろうけど、1度作ったらそう作り変えの必要がない。現在の式服みたいなもんだね。
木綿となるとそうはいかない。木綿の半纏は藍染(あいぞめ)だから、初めは藍が手にくっつくくらいに濃く仕上がっているけど、1回着るごとにだんだん色が落ちてくる。仕立ておろしの半纏は、1回洗ったらもう3割ぐらい色落ちしちゃう。3回、5回洗った半纏着て行ってもいい会合もあれば、きちっとしたあらす(新品)の半纏を着なくちゃならない会合もある。そのあらすの半纏の会合を木綿の半纏で決めるとなると、木綿のを何枚も作っておくことになる。その点絹ものは色落ちしない。実際に新調するとなると、絹と木綿の値段は絹1枚で木綿3枚できることになるが、木綿のほうが晴れの場所へ出るたんびに色が落ちていって、いつまでも色落ちしたの着てるわけにもいかないから、結局新調する回数が多くなる。それが、絹の3倍どころではないわけだ。絹物のほうが1枚の値はするけれども、木綿のほうはきれいに着ていくには枚数がいることになって、結局は木綿のほうが高くついてしまう。見せるためにけっこう苦労しているんだよ。
私たちが出初めに行くときは、たとえ幹部でもかならず木綿の半纏を着ていく。もちろん形が決まることもあるけれども、これはこれで、かつて警視庁消防部から貸与された半纏が、あくまでも消防服ということで木綿だったということがあるわけで、出初めのときはいつも木綿にしている。
そういった半纏の形も生地も決まったところで、肝心の着方がその後にくるわけだけど、半纏の粋な着方ができて、これが決まって初めて、“長いもの短くして着ている稼業”といえるわけで、こうなると“粋”の問題だ。

一番組い組の半纏から 鏡白に“い”
町頭使用纏つなぎ

「江戸町火消合印控」より
一番組い組の半纏から 朱鏡に“い”
互つなぎ総型

「江戸町火消合印控」より

江戸町火消関係資料7 提灯各種(一番組い組)

「江戸町火消合印控」より