防災展示場
消防防災GIS
災害写真データベース
今日は何の日?
2017年10月20日(金)
過去の災害
全国統一防災標語
あぶないよ ひとりぼっちにした その火 (平成11年度)shim火をつけた あなたの責任 最後まで (平成12年度)shimたしかめて。火を消してから 次のこと (平成13年度)shim消す心 置いてください 火のそばに (平成14年度)shimその油断 火から炎へ 災いへ (平成15年度)shim火は消した? いつも心に きいてみて (平成16年度)shimあなたです 火のあるくらしの 見はり役 (平成17年度)shim消さないで あなたの心の 注意の火。 (平成18年度)shim火は見てる あなたが離れる その時を (平成19年度)shim火のしまつ 君がしなくて 誰がする (平成20年度)shim消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子 (平成21年度)shim「消したかな」 あなたを守る 合言葉 (平成22年度)shim消すまでは 出ない行かない 離れない (平成23年度)shim消したはず 決めつけないで もう一度  (平成24年度)shim消すまでは 心の警報 ONのまま (平成25年度)shimもういいかい 火を消すまでは まあだだよ (平成26年度)shim無防備な 心に火災が かくれんぼ (平成27年度)shim消しましょう その火その時 その場所で (平成28年度)shim火の用心 ことばを形に 習慣に (平成29年度)shimあなたは火事の恐ろしさを知らない (昭和43年度)shim今捨てたタバコの温度が700度 (昭和44年度)shim防火三百六十五日 (昭和45年度)shimいま燃えようとしている火がある (昭和46年度)shim慣れた火に 新たな注意 (昭和47年度)shim隣にも声かけあってよい防火 (昭和48年度)shim生活の一部にしよう火の点検 (昭和49年度)shim幸せを明日につなぐ火の始末 (昭和50年度)shim火災は人災 防ぐはあなた (昭和51年度)shim使う火を消すまで離すな目と心 (昭和52年度)shimそれぞれの持場で生かせ火の用心 (昭和53年度)shimこれくらいと思う油断を火が狙う (昭和54年度)shimあなたです! 火事を出すのも防ぐのも (昭和55年度)shim毎日が防火デーです ぼくの家 (昭和56年度)shim火の用心 心で用心 目で用心 (昭和57年度)shim点検は防火のはじまりしめくくり (昭和58年度)shim“あとで”より“いま”が大切 火の始末 (昭和59年度)shim怖いのは「消したつもり」と「消えたはず」 (昭和60年度)shim防火の大役 あなたが主役 (昭和61年度)shim消えたかな! 気になるあの火 もう一度 (昭和62年度)shimその火 その時 すぐ始末! (昭和63年度)shimおとなりに あげる安心 火の始末 (平成元年度)shimまず消そう 火への鈍感 無関心 (平成2年度)shim毎日が 火の元警報 発令中 (平成3年度)shim点検を 重ねて築く“火災ゼロ” (平成4年度)shim防火の輪 つなげて広げて なくす火事 (平成5年度)shim安心の 暮らしの中心 火の用心 (平成6年度)shim災害に 備えて日頃の 火の用心 (平成7年度)shim便利さに 慣れて忘れる 火のこわさ (平成8年度)shimつけた火は ちゃんと消すまで あなたの火 (平成9年度)shim気をつけて はじめはすべて 小さな火 (平成10年度)

鳶頭政五郎覚書

鳶頭政五郎覚書

3.江戸鳶の木遣
(1) (2) (3) (4) (5) (6)

(4)そろってないのに綺麗に聞こえるところが木遣のよさ

それに木遣は、西洋音楽の合唱みたいに、声出す全員がそろう必要はない。1人でやる“木遣師”と、それを受ける大勢の“側”との呼吸が合う事が大事なんだ。

平成8年1月公演パンフレットの表紙
(国立劇場)
大勢でやる側のほうは、それぞれの自分の間で発声して、その結果全体がきれいな流れに聞こえるようにやればいいわけだ。よく言う“側受けは噴水の如く”っていうのは、このことをいっている。合唱団は、ステージに上がって1時間とか2時間、縛麗な声をお客さんに聴かせればそれで終わりだけど、木遣は1日じゅうなんだ。それも重いものひっぱったりもち上げたり、力仕事しながら歌ってるんだからそろうわけがない。そんなことやってたらこっちの身がもたない。そろわんところにあのよさがある。そろってないのに綺麗に聞こえるところが、木遣のよさなんだ。
今では、実際に仕事しながら木遣やる機会はほとんどなくなって、舞台とかおめでたい席なんかでやるのが多くなっているけど、それでも、そういった木遣の特色はちゃんと残っていて、みんむそろって声出してたら面白くも可笑しくもない唄になってしまう。

それから木遣ってのは、その日のメンバーに合わせて調子をつくる木遣師がいないと、いい木遣にならない。木遣師の一番うまい人ってのは、相手に渡すときに向こうの受けられる調子で渡してやる。側に渡すときに、相手が食いつきやすいような調子にしてやる。木遣師が独唱者とすれば、側は合唱団だ。独唱者のほうは高い声だけど、渡すときは合唱団がやりやすいように低くしてやる、声を出しやすいようにしてやる。慣れないと調子を上げたまんま、高いまんま側に渡してしまって、側はもっと高くなって、ほおばりきれなくなって、そのうち両方とも参ってしまう。木遣の調子もだめになってしまうし、木遣師と側たちの疲れもたまってしまう。それが木遣師の腕の見せどころなんだけれども、そういうことまで考えてやれる余裕のある木遣師が、今じゃ少なくなった。

11月9日(日)午後2時開演
江戸の華 鳶木遣り
序之場 古式木遺り地形稽古の場 第一区有志
第一場 眞鶴・手古・さらば 第一区道具中
第二場 眞鶴・東金 第一区筒先中
第三場 眞鶴・駅路 各区木遣事業会
第四場 江戸の祭風俗 第一区鳶頭連中
富岡八幡宮手古舞保存会
浜町囃子(子供会)
第五場 眞鶴・五萬石 第一区頭取中
第六場 纏振り込み(木遣りてっぺん車) 第一区連中
第七場 梯子乗り
刺又乗り
第一区道具中
江戸消防彩粋会
第八場 眞鶴・御城内 第一区連中
第九場 ご祝儀「君万歳」 第一区有志
第十場 大〆 第一区総代

出演 江戸消防記念会第一区
各区木遣事業会
江戸消防彩粋会
富岡八幡宮手古舞保存会
浜町囃子子供会
企画構成 江戸消防記念会第一区 副総代 山口政五郎
監修 江戸消防記念会第一区
総括責任者 江戸消防記念会第一区 総代 鹿島 靖幸
(平成9年浜離宮朝日ホール開館5周年記念公演のパンフレットから)


公演の様子(昭和59年)

おなじ木遣でもその師匠や睦で、歌い方が全部ちがう。たとえば江戸消防でいえば、第一区、第二区、第三区、第四区、それぞれに調子、間拍子、声の高低がちがっている。特色といえばそれまでだけれども、おなじものはない。“江戸消防記念会が保存継承する江戸鳶の木遣”で東京都の都技芸に指定されたけれども、団体としてはそうでも、実際のかたちは“江戸消防第一区、何の何がしの木遣”でいいわけで、それが木遣師全部に言えるわけだ。お師匠さん10人いれば、10通りの木遣があり、その流儀で歌っていい。
ただ、その善し悪し、上手下手ということになると、それは聴くほうの問題、好みも入ってくれば、それぞれの木遣価値観での評価でちがいがでてくるのはあたりまえ。そういうもんでいいとするわけで、これが、変に規格化されたり統一されては、木遣にはならない。